中国文化と中国人 - 恋する中国

中国の食事 - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 食生活と嗜好品 > 中国の食事

中国の食事



広大な中国では、各地で風俗・習慣が異なり、料理も中国全土で数十種類の地方料理が存在し、これらを総称して中華料理という。
中華料理の代表格として『四大料理』や『八大料理』がある。
四大料理とは、山東料理、四川料理、江蘇料理、広東料理の四種をいい、八大料理は、四大料理に安徽料理、湖南料理、浙江料理、福建料理をくわえた八種を指す。
日本では中華料理を北京料理、上海料理、四川料理、広東料理の四大料理に分けるが、中国の四大料理の見地とは異なる。

日本人が普通イメージする中華料理は、どちらかというとご馳走の部類であり、一般的な中国人の日常食ではない。
広大な中国では、食事内容も各地で異なるが、長江を大きな境界と見なし、長江以北を北方、以南を南方と呼ぶ。
北方の主食は小麦で、副食物より主食を第一に考え、質より量の傾向がある。
南方の主食は米で、主食は単調だが副食物は豊富である。

よく中国人は何でも食べると言われるが、中国全土で見ればたしかに食材の種類は豊富だが、ひとつひとつの地域だけで比較した場合、実は日本人の食卓のほうが食材の種類は豊富なのである。


HOME > 中国人大分析 > 食生活と嗜好品 > 中国の食事

HOME > 中国人大分析 > 食生活と嗜好品 > 中国の食事

中国人大分析 - 中国の食事

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.