中国文化と中国人 - 恋する中国

贈り物をするときの注意点 - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 贈り物をするときの注意点

贈り物をするときの注意点



◆数字
中国の慣習では、偶数が「成双」「成対」といわれ縁起が良く、奇数は「単数」「分離」といわれ、死を意味するとして忌避される。
現代中国の国際化により、こういった迷信的習慣はすたれつつあるが、お祝いや結婚などの贈り物は、必ず偶数、すなわち対のセット品で贈る慣わしがある。
たとえば、お茶の葉や漢方薬であっても、1個だけでなく、2個セットの詰め合わせの品を贈る。

◆値札は必ずはずす
当然のことだが、贈り物のブランド商標は付けたままにするが、値札は必ずはずす。
贈り物は、その価格ではなく、その特徴、記念の意味、あるいは収蔵していただく意味において価値のあるものである。そして贈り物の価格は、受け取る側の身分に相応していなければならない。
それに反して、異常に高価な贈り物をすることは、受け取った側にとって返礼の負担になる。受け取った側としては、さらに貴重で高価な返礼をすることになってしまい、ますます経済的、精神的負担が双方に増すだけである。元々は楽しい贈り物が、複雑なものに変質してしまう恐れがある。

◆同じ物の重複は避ける
相手のリクエストでない限り、何度も同様の物を同一の相手に贈ってはならない。できれば贈った物をどこかに記録しておくとよい。

◆もらいっぱなし
中国では一般に、贈り物を頂いたら必ず返礼をしなければならない。古来、中国には「来て行かぬは非礼なり」という言葉がある。ただし、中国の返礼は当日、あるいは近日中ではなく「いつか」で構わない。中国では日本のようにすぐに返礼するという習慣はない。


HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 贈り物をするときの注意点

HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 贈り物をするときの注意点

中国人大分析 - 贈り物をするときの注意点

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.