中国文化と中国人 - 恋する中国

中国人に花を贈る - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 花を贈る

中国人に花を贈る



中国では花をプレゼントしようとするとき、特に注意すべきことがある。それは、日本と花言葉が異なる場合があることである。

  • 先輩、あるいは老人に花を贈る場合、中国ではオオモト、長春花、桃の花が「長寿幸福を祈る」という意味で喜ばれる。
  • 水仙の花は縁起が良いと喜ばれる。(北京地方では、春節の前後に水仙の花を贈る風習がある。)
  • 梅の花は、厳しい冬を恐れない清廉潔白さを意味する。
  • 蓮の花は、泥から出て、泥に染まらない高潔高尚さを表す意味がある。
  • 根の絡み合った蓮の花は、新婚夫婦に贈られる代表的な花である。
  • 中国の国花である牡丹の花は、栄華富貴の象徴とされる。
  • ボタンの花は、家庭の幸福と繁栄を祈る花としても贈られる。
  • 山茶花(さざんか)の花は、友人に対して一生懸命頑張れという激励の意味で贈られる。
  • ツツジの花は、これからの前途を祝福する意味で贈られる。
  • 恋人に贈る花としては、バラやライラックが一般的である。
  • カイドウの花は、夫婦親睦を祈る花として贈られる。
  • ユリの花は、白髪になるまで百年の和睦を象徴する花として贈られる。
  • コウシンバラの花は、永遠の熱い愛情を祈るという意味である。
  • カーネーションは母親に対する感謝と愛情の花として贈られる。
  • ヒマワリは光を表す。
  • オランダカイウの花は、清廉純潔を象徴する花である。

現在の中国では、プレゼントとして花を贈ることが流行になっており、大抵の都市であれば、どこでも花屋や花市がある。そこで、プレゼントしたい相手の年齢や目的を説明すれば、それにあった適切な花束、あるいは花篭をオーダーメイドで作ってくれる。
菊の花は古来から中国では文人や君子の愛する花とされる。秋になると各地で菊の花が満開となり、中国の文人たちは菊の花を愛でながら酒を飲み、月を眺め、詩を詠むのである。したがって菊の花は友人に贈る花として好まれる。日本などの外国では、葬儀に使われる花でもあるが、中国では異なる。


HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 花を贈る

HOME > 中国人大分析 > 贈り物 > 花を贈る

中国人大分析 - 中国人に花を贈る

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.