中国文化と中国人 - 恋する中国

中国の言語 - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中国の言語

中国の言語



中国の公用語は、国民の大多数を占める漢族の言葉である「漢語」のなかの北方方言を主体にして造られた普通話。
北京語と呼ばれることもあるが、厳密に言えば北京語と普通話は違う。
日本の標準語と東京の言葉が厳密には違うものであることと同じである。

中国は広い国土と、他民族ゆえに多数の言語が存在するが、国民の意思疎通を容易にするため、中央政府の標準語政策により、北方方言の発音・語彙と近代口語小説の文法をもとに作られた「普通話」が義務教育の中に取り組まれている。

ほか各民族ごとにそれぞれの言語を持つ。

七大方言

  1. 北方方言(官話方言)
  2. 呉方言(上海語など)
  3. 贛方言(南昌語など)
  4. 湘方言(長沙語など)
  5. 閩方言(福建語)
  6. 客家方言(客家語)
  7. 粤方言(広東語)

ただし、この方言はあくまでも大きく分けたものであり、この方言の中でさらに細分化される。
また、同じ省内でもまったく違った言語を使用することも多く、同省であるからといって言葉が通じるとは限らない。


HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中国の言語

HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中国の言語

中国人大分析 - 中国の言語

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.