中国文化と中国人 - 恋する中国

中華思想 - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中華思想

中華思想



中華思想とは、中国(中華)が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、漢民族以外の異民族を、「化外の民」として見下す選民思想の一種。華夷思想ともいう。
中国で思想が盛んに唱えられ始めたのは、春秋戦国時代に入ってからのことである、孔子、老子などがその先駆者で、戦国時代に入ると、諸子百家の出現を見るようになった。思想というものが姿を現し、「中華思想」というものが存在するのは、この時代以降である。

中華人民共和国のチベットやウイグルに対する強圧政策、南沙諸島や尖閣諸島への侵略政策、強硬な反日政策、反国家分裂法の採択等による中華民国(台湾)に対する圧力、侵略予備行動、反日デモの激化や軍事力の増強等を覇権主義的政策と見做し、これを現代に於ける中華思想の発露だと解釈する説が高まりつつある。

その為、日本では中国政府の「覇権主義」的行為を「中華帝国主義」と呼んで危険視する声が高まりつつある。


HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中華思想

HOME > 中国人大分析 > 基礎知識 > 中華思想

中国人大分析 - 中華思想

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.