中国文化と中国人 - 恋する中国

食事も面子で埋め尽くす - 中国人大分析

HOME > 中国人大分析 > 面子 > 食事も面子で埋め尽くす

食事も面子で埋め尽くす



普段は質素な食事をしても、ひとたび誰かをもてなすとなれば、中国人はできるかぎりのもてなしをする。それは中国人の情の厚さだけでなく、面子も絡んでくるからだ。
中国人が誰かをもてなすとき、けっして日本料理やフランス料理は振る舞わない。振る舞うのは中華料理である。なぜかというと、日本料理やフランス料理は、上品に少しずつ盛られた皿を、一皿ずつ運んでくるからだ。つまり、日本料理やフランス料理では、テーブルがいっぱいにならないのである。皮肉なことに、日本料理やフランス料理は、料理の値段が高くなればなるほどテーブルの上はいっぱいにならない。その点、中華料理は、料理を頼めば頼んだだけ、値段に関係なく、すぐにテーブルの上はいっぱいになる。テーブルの上が料理の皿でいっぱいになることで、中国人の面子はたつのである。テーブルの上を食べきれないほどの料理の皿で埋め尽くすことは、自分はこれだけ料理を頼める、これだけ料理を頼める金がある、これだけ料理を頼む金を稼げる、つまり、それだけ甲斐性、能力があるということを見せつけているのである。
食事のときも、面子は見えることに意味があるのである。


HOME > 中国人大分析 > 面子 > 食事も面子で埋め尽くす

HOME > 中国人大分析 > 面子 > 食事も面子で埋め尽くす

中国人大分析 - 食事も面子で埋め尽くす

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.