中国文化と中国人 - 恋する中国

戦国時代 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 戦国時代

戦国時代



戦国時代(せんごくじだい)とは、春秋時代に続く時代で、紀元前403年に晋が韓・魏・趙の3つの国に分かれてから、紀元前221年に秦による統一がなされるまでをいう。この名前は『戦国策』から取られている。

どこを持って春秋と戦国の境目とするかは、歴史家の間で意見が分かれている。

概略 anchor.png

Page Top

初期 anchor.png

戦国時代の初期に覇権を握ったのは、晋から分離したうちの一つの魏である。魏が周王朝より諸侯として正式に認められたときの魏公・文侯は積極的に人材を求め、李克・呉起などを登用して中山国の都を陥落させるなど、魏を最強国とした。息子の武侯の時代にも覇権は続き、さらにその子の恵王の時代には、諸侯の間で初めて王の称号を使うなど、強勢を誇ったが、斉の孫臏の軍略により大敗したことを契機として、凋落の道をたどる。

そもそも魏が強勢となれたのは、魏の支配領域が周代より文化の中心地とされた中原の真ん中であり、最も開発が進んだ地域であったからであった。しかしそのことは逆に周辺諸国からの侵攻を受けやすいということでもあり、開発の余地が無いということでもある。後方に広大な未開発地帯を持つ斉や秦などが台頭してくると魏は覇権の座から滑り落ちた。

Page Top

中期 anchor.png

南の楚は魏の権力争いに敗れて亡命してきた呉起を迎え入れて政治改革に取り組み領土を広げるが、呉起を擁護した悼王の死後に呉起が反対派によって殺され、改革も頓挫した。東の斉は威王の治世の元で、孫臏の計を用いて魏を大破した。また稷下の学と呼ばれる学者集団を招聘し、人材を募った。この稷下の代表格として荀子がいる。北の趙は敬侯の元で都を軍事の要衝である晋陽(太原市)から経済の中心地である邯鄲に移した。敬侯のひ孫の武霊王は北方の遊牧民族の騎馬戦術を取り入れた。これは胡服騎射と呼ばれ、これ以後の趙の騎兵隊は諸国に恐れられ、魏に滅ぼされた後に再興した中山を滅ぼした。秦では孝公の元で商鞅による政治改革が行われ、厳格な法治主義による統治体制により秦の国力は増大し、魏・韓を圧迫し、張儀の策謀により、楚の懐王を捕らえ、その領土を奪った。

その後、一時的に趙・秦・斉の鼎立状態になるが、武霊王が内乱により死去した事で趙が脱落する。秦は趙・韓・魏から領土を奪ったことで更に強大化し、斉も北の燕を一時的に壊滅させ、宋を併合するなどして強大化し、東の斉・西の秦の二強国時代を作る。この時に秦の昭襄王は斉の湣王と共に王の上の称号である帝の称号を使うことに決めたがすぐにとりやめた。

Page Top

後期 anchor.png

この二強国時代は、紀元前284年の楽毅を大将とする燕・趙・韓・魏・楚の5カ国連合軍に斉が大敗し、首都臨淄を陥とされ、莒と即墨以外の全ての邑は占領されたことで終わりを告げる。湣王は、国外へ逃亡した後、莒に戻ったが楚の将軍で斉の宰相になった悼歯に殺され、皮肉なことにかつての燕のように王がいない状態となった。のちに田単により復興はするものの国力を大幅に消耗した。

斉の凋落により秦による一強国時代となり、名将・白起を使って諸国に苛烈な攻撃を加え、紀元前260年には長平の戦いで趙に大勝し、45万と言う将兵を一度に殺した。また紀元前256年に東周を滅ぼす。

この中で紀元前247年に政が即位する。のちの始皇帝である。始皇帝は李斯の政策の元で法治主義・権力集中をさらに進め、外征面では王翦・王賁親子や李信などを起用した。まず紀元前230年に韓を滅ぼし、紀元前228年に趙、紀元前225年に魏、紀元前223年に楚、紀元前222年に燕、そして紀元前221年に斉を滅ぼし、戦国時代が終わり、中国史上初めての統一王朝が誕生する。

Page Top

戦国七雄 anchor.png

春秋時代には国の祭祀を絶つと国の祖先から呪われるという考えから、国を占領しても完全に滅ぼしてしまうことはそれほど多くなく、また滅びても復興することがよくあった。戦国時代に入ると容赦がなくなり、戦争に負けることは国の滅亡に直接繋がった。そのような弱肉強食の世界で次第に7つの大国へ収斂されていった。その7つの国を戦国七雄と呼ぶ。

  • 韓(紀元前403年 - 紀元前230年)
  • 趙(紀元前403年 - 紀元前228年)
  • 魏(紀元前403年 - 紀元前225年)
  • 楚(? - 紀元前223年)
  • 燕(紀元前1100年ごろ - 紀元前222年)
  • 斉(紀元前386年 - 紀元前221年)
  • 秦(? - 紀元前206年)

しかし、七雄以外の宋や中山といった国々も王号を唱えており、諸国における重要度も高かったと指摘もされている。

Page Top

軍事 anchor.png

春秋時代から戦国時代に入ると、「悪金」と言われた鉄が積極的に使われだした。鉄製農具が普及することで生産力が飛躍的に上昇し、人口も増えた。しかも、これまで粗末だった武器にも鉄がもりこまれた。鉄の登場が軍の規模を拡大させた。春秋時代では、一国で軍を起こす場合最大でも三軍、つまり4万5千程度しか起こせず、ゆえに盟主のもと小国も加わり連合を組んだりして軍を補填した。しかし、戦国時代では、小国は周・衛・宋・魯・中山ぐらいしか残らずあとはほとんど大国に吸収され、人口増え生産力も増大したため輜重も豊になったことで軍の規模が大きくなり、一国で10万の軍を出すのはまれではなくなった。

鉄とは別に普及した武器もあった。「弩」である。西洋におけるクロスボウ(ボーガン)に相当する。射るのに鍛錬を要する弓と違い、どんな兵でもなれれば簡単に撃てたようだ。最初に魏が呉起の指導で大量に常備し、兵はみんな背に弩を背負い出征した。この時の魏軍は中華最強で秦は黄河を越えて東に行くことはできなかった。のちには、斉も孫臏の指導のもとで大量に常備し魏を破って覇権を握るなど弩の貢献度は高かったようだ。

大騎馬軍団も登場した。中華人は、車を馬に引かせてそれに乗って戦うことを誇りにしており馬に直に乗って戦うなど異民族と同じだ、という考えから長く騎馬軍団は出現しなかった。しかし、戦国中期、趙の武霊王はその古い習慣を打ち破って「胡服騎射」という新軍事制度を定めた。これは字のとおりで、胡服は異民族の服(馬に乗りやすい服。つまりズボン状の下履きである)を着て、騎乗して矢を射るという事である。武霊王は、大騎馬軍団を形成し、まず三胡(林胡・楼煩・東胡)を服属させ、中山を滅ぼすに至った(陳舜臣は武霊王が長命であれば中国統一をなしたかもしれないと述べている)。しかし、武霊王死後、次の恵文王は胡服騎射を廃止し元に戻した。結局、始皇帝の兵馬庸を見てもわかるとおり、戦国時代では中華には乗馬はあまり定着しなかった。これについては単なる異民族の風習への偏見だけでなく、当時は鐙が存在しなかったため、乗馬は鍛錬を要する特殊技能であった事も影響している。

Page Top

秦の統一と漢の統一 anchor.png

斉と秦の二大大国時代が終焉を迎えると、秦の統一の流れが加速する。秦が強国になるのは孝公の時代からであるが、この時商鞅が変法を行い、秦を法治国家に仕立て上げたのだがそれに伴い軍制も規律が厳しくなった。この軍規は厳しい反面、武功を立てればだれでも昇進できる厳格な信賞必罰の法で各国の兵より士気は高まり、しかも「伍」を基本とした集団戦法を磨き上げ他国を圧倒した。この法のもと低い階級だった白起も昇進し魏冄に目をかけられるに至っている。名将も多く輩出し、連勝することで秦の兵はさらに自信を持ち士気があがる、いい循環が起こっていた。しかし、一方では法が厳しすぎ、占領したばかりの地域では戦後処理のまずさもあり、反乱が起こったり、すぐに取られた国が取り返すこともできないこともなかったので、飛躍的な領土伸張は見られず、孝公から6代をへてやっと統一に成功するのである。
だが、曲がりなりにも存在した周による国家統一が崩れてから既に長い年月を経過しており、更に秦の過酷な中央集権支配も加わって旧6国の人心は統一王朝への敵意と旧王国の復活を望むようになっていった。このため、始皇帝の死後に秦を滅ぼした項羽は再び国々を分割する政策を取って自らがその盟主(覇者)となることで満足するようになる。だが、項羽と劉邦が再度戦いを始めたときに諸国の統率に失敗してその分裂を招いた項羽は滅亡へと追い込まれた。

漢を建国した劉邦もこうした社会的風潮の前に中央集権的な国家建設を断念して、地方に同族の諸侯王を配置するという郡国制を導入した。これによって国内の混乱は収まったものの、旧6国の自立志向が強まったために漢の皇帝の実質的な統治範囲は戦国時代の秦王とほぼ同じという状況にならざるを得なかった。こうした状態が解消されて、中央政府の権威が国内全域にまで行き渡るようになって統一国家の体裁が整うようになるのは呉楚七国の乱以後のことである(紀元前154年、秦の統一から67年後)。


HOME > 中国データベース > 戦国時代

HOME > 中国データベース > 戦国時代

中国データベース - 戦国時代

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
24 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.