中国文化と中国人 - 恋する中国

チャイナエアライン642便着陸失敗事故 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > チャイナエアライン642便着陸失敗事故

チャイナエアライン642便着陸失敗事故



Category|中国の事故


チャイナエアライン642便着陸失敗事故とは、中華民国の航空会社のチャイナエアラインが運航していたMD-11旅客機が、香港国際空港への着陸に失敗した航空事故である。なお、機体塗装が傘下のマンダリン航空のものであったため、マンダリン航空642便事故ともいうが、実際の運航はチャイナエアラインが行っていたので厳密には誤りといえる。

概要 anchor.png

1999年8月22日、チャイナエアライン642便(MD-11、機体記号:B-150、1992年製造)はフライトプランではタイのバンコクを出発し、香港を経由して台北に向かう予定であった。642便には乗員15名、乗客300名が搭乗していた。

香港国際空港は当時、台風10号(Sam)が来襲しており天候がきわめて悪かった。そのため、台北に直接向かうか、香港に着陸するにしても長い時間上空待機しなければならないのは予測できたにもかかわらず、642便はバンコクから香港に向けて出発した。

642便は午後6時38分に香港上空に到着した。事故の直前1時間以内に着陸した便が12便あったが、着陸を諦め、他の空港にダイバートした便も少なくなかった。当初、642便も台北にダイバートしようとしたが、ちょうどその頃台風の影響が少し弱くなったとして、操縦乗員は着陸を決意した。着陸直前、機体が15度傾いたため副操縦士は着陸復航を機長に進言していたにもかかわらず、機長は着陸を強行した。着陸進行中であった午後6時43分ごろ、642便は猛烈な突風に遭遇し、右翼を滑走路に接触させ発火、両方の主翼がもぎ取られ、仰向けの状態で機体が着地した。

空港の消防隊は事故後1分で到着し、5分で火災を鎮火させた(皮肉にも突風をもたらした台風による大雨も消火に役立ったという)。このため機体は爆発することはなかった。また機体は自重で客室が圧壊するようなこともなかったが、乗客は逆さまになった機内にシートベルトに縛り付けられた状態になった。そのため、乗客の中には3時間も逆さまになったままで救助を待っていた人もいた。

この事故では乗客3名が犠牲になり208名が負傷して50名が重傷を負った。ただ機体がクジラが打ち上げられたかのような姿になったにもかかわらず、客室が潰れなかったため奇跡的に人的被害が少なかった。この事故は現在の香港国際空港でははじめての重大航空事故であった。3名の犠牲者のうち2名は事故の衝撃で死亡しており、1名は火傷により病院で死亡しているので、救助隊の迅速な活動が多くの人々の命を救ったといえる。

Page Top

事故原因 anchor.png

事故原因は悪天候の中で着陸を強行したことと、突風遭遇時に運航乗務員の操作が不適切であったことにあるとして、パイロットのミスとされた。なお、事故機となったMD-11であるが、操縦系統が敏感すぎるという指摘があり、事故発生率が1990年代に登場した第4世代ジェット旅客機のなかでは最悪であったとされている。2009年までに総生産200機中6機が全損事故で失われている上に、そのうち着陸時の事故はこの件を含めて5件を占めている。そのため事故原因にMD-11特有の要因もあったといわれている。


HOME > 中国データベース > チャイナエアライン642便着陸失敗事故

HOME > 中国データベース > チャイナエアライン642便着陸失敗事故

中国データベース - チャイナエアライン642便着陸失敗事故

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
24 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.