中国文化と中国人 - 恋する中国

チャン族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > チャン族

チャン族



チャン族, jiang.jpg

チャン族(羌族)は、中国西北部のチベット系民族。タングート、蔵人、番子などとも呼ばれる。主要な使用言語は中国語と羌語。

羌は古代より中国北西部の青海で遊牧生活を営んでいた。その「羌」字の象形は、牧羊する人を指していると言われる。周の文王に協力して殷打倒に大功を上げた姜族(太公望はこの族の出身と言われる)は羌族の中の一部族であるとも言われるが、はっきりした事は分かっていない。

その後も青海、チベットの周辺で生活し、漢代には西羌と呼ばれ、時に漢の涼州に進入したりした。魏晋南北朝時代に入ると中国に匈奴や鮮卑が移住し始め、羌も同じように陝西に入り、自らの国を建てた。その後前秦に吸収されるが、前秦が東晋に大敗し分裂すると羌も陝西に割拠し後秦を名乗った。後秦は417年に東晋の劉裕(後の宋武帝)に滅ぼされる。

唐代から北宋代には、部内のタングートが強勢になり、宋を圧迫して多額の歳幣を取る事に成功した。その後李元昊が西夏を建てて皇帝となる。北宋が金に滅ぼされると服属するが、チンギス・ハーンの勃興時に滅ぼされた。

チベット族と漢族の対立では中国側につき、吐蕃と唐の際もそうであった。

西夏滅亡後は纏まった政治活動を見せず、現在に至っている。

最近の人口状況では、羌族は四川省アバ・チベット族チャン族自治州内の茂県・汶川県・理県及び松潘県、更に綿陽市内の北川チャン族自治県に集住している。馬爾康県のギャロンも羌族系とされる。1964年の中国全国第1回人口調査による統計では、人口は48,261人(州全体の人口の9.98%を占める)であった。2000年の第5次全国人口普査統計では306,072人で、中国政府が公認する56の民族の中で28番目に多い。2008年の四川大地震で激しい被害を受け、チャン族の文化は保護復興事業の対象にされている。


HOME > 中国データベース > チャン族

HOME > 中国データベース > チャン族

中国データベース - チャン族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
17 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.