中国文化と中国人 - 恋する中国

永明体 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 永明体

永明体



Categorty|中国文学中国の詩


永明体(えいめいたい)は、中国南北朝時代、南斉の武帝の永明年間(483年-493年)に流行した詩体である。武帝の次男である竟陵王蕭子良の西邸に集った文人「竟陵八友」のうち、沈約・謝朓・王融らを中心として創作された。

特徴としては、詩の形式・韻律の美を自覚的に追求し、それ以前の東晋時代に流行した、老荘思想に基づく晦渋な言辞を使用する「玄言詩」の風格を脱却した、高雅で洗練された詩風があげられる。特に韻律の規則として沈約が提唱したとされる「四声八病説」は、時代が下るにつれ実際の創作に適応するものに整備・簡略化され、唐代に完成した近体詩の韻律である「平仄律」の成立へと結実することになる。また詩型の次元でも、それまでの長篇の詩にかわり、近体詩の詩型である絶句・律詩の原形とも言える、4句・8句の短詩型の詩が比較的多く制作されている点が特徴的である。

このように永明体は、唐代の近体詩の形成に重要な役割を果たしており、中国の文学史上無視できない位置を占める。また「唐代近体詩」との対比で、永明体及びそれ以後の南北朝後期に作られた詩を「六朝新体詩」として総称することもある。


HOME > 中国データベース > 永明体

HOME > 中国データベース > 永明体

中国データベース - 永明体

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
38 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.