中国文化と中国人 - 恋する中国

トーロン族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > トーロン族

トーロン族



トーロン族, dulong.jpg

トーロン族(独龍族)は雲南省貢山トーロン族ヌー族自治県の独竜江流域の渓谷地帯に住んでいる。
ーロン族は文字を持たず、トーロン族独特の言葉を使用する。トーロン族で使用される言語は漢語・チベット語・ミャンマー語系の言語を使用している。文字は持たないため、書物記録は木に縄をかけて行っていた。

トーロン族の人びとは以前から万物に魂があることを信奉し、自然界の物を崇拝し、万物に霊が存在することを信じている。

トーロン族の呼称は『大元統一志』の麗江路の風俗に始まり、「破」と呼ばれている。明・清の時代においては「抓」あるいは「曲」と呼ばれた。新中国成立後、この民族の願いによって、自分たちの使っている独竜を民族の呼称として使うことになった。新中国成立前の20世紀40年代においては、山と川に隔てられていたことと歴代の反動支配の搾取により、トーロン族の人びとの社会的生産力の発展水準は低く、基本的にまだ父系家族公社制にあり、原始的な木、竹でつくった簡単な道具を使い、焼き畑農業に従事していた。年間生産量が低かったため、採集と漁獲・狩猟が依然として生産を補完するために不可欠のものとなっていた。トーロン族の暮らしは非常に貧しく、商品の交換もなく、木に刻することと縄をなうことで物事を記録し、新中国成立後になってはじめてこのような立ち後れた様相を徹底的に変えた。トーロン族の人たちは勤勉で、お客様を大切にし、友情をたっとび、いつでもある家になにか用があったら、村全体が助けることになっていた。しとめた野生の動物は、一般には狩猟に参与したもののすべてがその分け前にあずかることができる。信義を重んじ、約束したことは守り、質素な良好な道徳意識を持ち、「夜に戸締まりはせず、道に落ちている物を拾う人もなく」ということが、トーロン族の人たちの伝統的な美徳である。


HOME > 中国データベース > トーロン族

HOME > 中国データベース > トーロン族

中国データベース - トーロン族

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.