中国文化と中国人 - 恋する中国

涪陵区 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 涪陵区

涪陵区



涪陵区は重慶市に位置する市轄区。

長江の支流・烏江が南から流れ、長江に合流する地点にある。域内には低い山が広がる。

涪陵区の区名は区内を流れる烏江の旧称である涪水と、巴国陵墓の所在地であることから命名された。

周代は巴国の版図であり、戦国中期より楚の領土、後に秦が楚を征服すると巴郡を設置している。前277年、樍県が設置され、347年(永和3年)には東晋により涪郡(梓城郡とも)が設置された。隋代には涪陵県、唐代には涪州が設置され。元代以降は重慶府涪州として清末まで沿襲された。中華民国が成立すると涪陵県は当初東川道の管轄とされたが、1928年に四川省に改編されている。

中華人民共和国が成立すると1950年1月に川東行署涪陵専区が設置され、1968年に涪陵地区と改称、1995年に県級の涪陵市に改編され、更に1998年6月に重慶市管轄の涪陵区となり現在に至る。

  • 総面積:2,946km²
  • 電話番号:023
  • 郵便番号:4004000
  • 行政区画代碼:500102

涪陵区の行政区画 anchor.png

涪陵区は下部に5街道、18鎮、22郷、1民族郷を管轄する。

Page Top

涪陵区地図 anchor.png

重慶市

涪陵区(簡体字:涪陵区

+ This map's Wiki TAG.

HOME > 中国データベース > 涪陵区

HOME > 中国データベース > 涪陵区

中国データベース - 涪陵区

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.