中国文化と中国人 - 恋する中国

湖北省 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 湖北省

湖北省



湖北省, hubei.jpg

略称:鄂(e)
人口:5907万人
面積:18.74万k㎡
省都:武漢(wuhan)
省政府所在地:武漢市武昌水果湖
六大地域分類:華中


湖北省(こほくしょう)は中国中部に位置し、北は河南省、東は安徽省、南東部と南部は江西省、湖南省、西は重慶市、北西部は陝西省に接し、長江、漢江の二大水系にまたがり、北緯29度05分~33度20分、東経108度21分~116度07分の間にある。東西の長さは約740km、南北の幅は470km、面積は約18.59万k㎡で、全国の総面積の1.94%を占め、広さは16番目。
長江中流域に位置し、洞庭湖の北部にあるため湖北という名前がついた。河と湖が多いため『千湖之省』と呼ばれている。農業と漁業が発達しており、中でも稲、麦、綿、シルク、茶、漆、柑橘類、魚類の産地。また、鉄鋼、自動車、船舶などの工業の主要生産地となっている。また省内の『神農架』には希少な動植物が多く生息しており、野人の謎が人々をひきつけている。
四川省、上海、北京を結ぶ地点に存在する陸・水の交通の要所でもある。

歴史 anchor.png

湖北省各地で原始人の化石が見つかっており、数十万年前には人類が生息していたと考えられている。また、京山県屈家嶺では4千年前の彩色陶器が出土しており、黄陂県では3500年前の商王朝の古城『盤龍城』の遺跡が発掘されている。
春秋戦国時代は楚に属す土地であった。後漢には、荊州と呼ぶ地であり、魏晋南北朝時代には係争地に成っている。唐 宋には鄂州に属しており、略称の鄂はここから来ている。清代は湖北省が置かれ、そのまま現代の行政区分に成っている。1911年、武昌(今の武漢の一部)で、辛亥革命で革命派が最初に蜂起した。

Page Top

料理 anchor.png

名物武昌魚の他、スナックの豆皮などが有名。

Page Top

特産 anchor.png

武昌魚、鶏頭米など。

Page Top

観光 anchor.png

湖北省の観光資源は、山水の名勝と文物の古跡がともに存在している。長江三峡などの国家クラス名勝区が6ヶ所、神農架などの国家森林公園が13ヶ所、国家自然保護区が3ヶ所ある。神農架と武当山はユネスコにより「人間と自然保護圏計画」と「世界の文化と自然遺産目録」に組み入れられている。長江三峡と黄鶴楼、葛洲ダムは「中国の有名な観光地40地」に選ばれた。 湖北省には国の歴史文化都市が五つもあり、国の文化財保護指定を受けたものが20ヶ所、省クラスの文化財保護指定を受けたものが365ヶ所、楚の城の遺跡が5ヶ所、楚の文化遺跡が73ヶ所、三国時代の歴史遺跡が140ヶ所ある。

Page Top

行政区画 anchor.png

湖北省は12地級市(地区クラスの直轄市)、1自治州を設置し、下級行政単位である35市区、24県級市(うち3直管市)37県、2自治県、1林区を管轄する。

Page Top

自治州 anchor.png

  • 恩施トゥチャ族ミャオ族自治州
Page Top

省直轄県級行政区(県級市および林区) anchor.png

Page Top

湖北省地図 anchor.png

+ This map's Wiki TAG.
Page Top

民族と民族の分布 anchor.png

湖北省は多くの民族が住んでいる省である。漢族やトゥチャ族、ミャオ族回族トン族満州族チワン族、蒙古族など50の民族がある。第5回全国国勢調査のデータによると、少数民族の人口は257.97万人で、4.34%を占める。一万人以上の人口をもつ少数民族はトゥチャ族、ミャオ族回族、トン族と満州族などで、そのうち、トゥチャ族は180万人で、湖北省内の少数民族総人口の80%を占める。その次はミャオ族で、少数民族総人口の10.3%を占める。省内において少数民族が居住している地域の面積は3万平方キロ以上であり、湖北省総面積の六分の一を占め、主に湖北省の南西部に集中している。

Page Top

地形 anchor.png

湖北省は中国の階段状に傾斜する地勢の第二段階から第三段階へと向う地域にあり、西、北、東の三方は武陵山、巫山、大巴山、武当山、桐柏山、大別山、幕阜山などの山に囲まれ、中央部は平坦な長江―漢江平原であり、南に開けるように、湖南省の洞庭湖平原へとつながってゆき、周りの低い山地以外、海抜はほとんど35メートル以下である。地形は多種多様で、山地や丘陵、平原がそれぞれ総面積の55.5%、24.5%、20%を占めている。地勢の高低の差が大きく、西部は「中国の屋根」と呼ばれる神農架の最高峰である神農頂であり、海抜は3105メートル、それに対し、東部にある監利県の譚家淵の近くでは標高はゼロである。

Page Top

気候 anchor.png

湖北省は亜熱帯季節風気候である。十分な日照に恵まれ、気温は高すぎるくらいであり、霜害期間も短く、降水量も豊富で、雨季と猛暑の季節が重なり、農業生産に適した気候である。年間の日照総量は一平方センチメートルで85-114キロカロリーとなっており、年平均日照時間は1200~2200時間、無霜期は230~300日間、年平均気温は13°~18℃、最高気温は41℃に達し、最低はマイナス14.9℃である。年平均降雨量は1182.3ミリメートル、地域による差が大きく、武陵山山間地帯では降水量が1600~1700ミリメートルに達するが、北西部は700-800ミリメートルで、降水量のもっとも少ない地区である。

Page Top

土地 anchor.png

湖北省の総面積は185897平方キロで、全国の総面積の1.94%を占める。湖北省の1人当たりで0.32ヘクタールの土地がある。耕地面積は334.92万ヘクタールで、1人当たりの耕地面積は0.06ヘクタール。

Page Top

鉱物 anchor.png

湖北省ではすでに136種の鉱物が発見されており、そのうち、埋蔵量がすでに確認されている鉱物は86種ある。リン鉱石、金紅石、珪灰石、ガーネット、泥灰岩などの鉱物の埋蔵量は全国で5位、鉄、リン、銅、石膏、岩塩、金の水銀、マンガン、バナジウムなどの埋蔵量も全国で上位7位を占める。すでに採掘されている鉱物の中で、全国で重要な地位を占めるのが多い。湖北省ではエネルギー資源が乏しく、現在確認されている限り、石炭や石油、天然ガスの埋蔵量は少なく、石炭の埋蔵量は5.48億トンである。

Page Top

水資源 anchor.png

湖北省の地表水の容積は全国で10位。湖北省内に河が1193本もあり、総延長は37000キロメートルある。長さ100キロメートル以上の河が42本ある。長江は西から東へと湖北省内を流れており、その長さは1061キロメートル。漢水は長江の最大の支流で、北西から南東へ流れ、武漢で長江に合流している。湖北省内における漢水の長さは878キロメートル。湖北省は「一千の湖のある省」とも呼ばれている。1985年の統計によると、湖は1300余りとなっており、面積が3平方キロ以上の湖が約300もあり、その大部分が長江―漢水平原に集中している。湖北省は浅い地下水の埋蔵量が豊かで、約2650億立方メートルもあり、採取可能埋蔵量は年間355.7億立方メートルで、全省におけるなが年の平均的な地表水の流れの総量の約36%に相当する。地下水は水質もよく、埋蔵量も安定している。

Page Top

生物資源 anchor.png

湖北省には陸上の脊椎動物が570種類以上もあり、そのうち、数十種類は国の保護指定を受けている希少動物である。例えば、キンシコウ、閩中の羊、蘇門カモシカ、金銭ヒョウ、マエガミジカ、退色型神農シロクマ、白ジャコウジカ、白ジカ、白蛇、および白い冠の長尾キジ、赤腹のジュケイなど。湖北省には魚類が175種もあり、全国の淡水魚の約四分の一を占め、国の重点的保護指定を受けている動物としては、中華チョウザメやシロチョウザメ、臙脂魚、オオサンショウウオ(一般にはサンショウウオと称されている)などの珍しい希少水生動物がいる。
湖北省の植物は南から北への移行地帯の特徴が目につく。北部の落葉広葉樹もあれば、南部の常緑広葉樹も多い。野生植物が2000種類以上もあり、そのうち、薬用植物は1300種以上、樹木の種類は1300余り、世界の希少植物や中国特有の植物が30種類以上もある。完ぺきな形で保存されている神農架原生林は、天然の亜熱帯動植物園である。

Page Top

エネルギー anchor.png

湖北省は水力資源が豊かで、開発可能の水力資源が3340万キロワットもあると見られており、全国で4位を占める。水力発電事業が急速な発展をとげ、発電総量の約2/3を占め、241.88億キロワットに達し、全国の19.08%を占め、トップ地位となっている。葛洲ダム水力発電所は現在中国で最大の水力発電所で、そのほかに丹江口や隔河岩、漢江、堵河、黄竜灘、白蓮河、陸水・富水など、大・中型の水力発電所がある。小型の水力発電所は湖北省各地に分布している。世界で注目されている長江三峡ダムプロジェクトの工事も現在急ピッチですすめられており、2003年に発電を始める予定で、発電所では全部で70万キロワットの発電機26台が据え付けられ、総発電容量は1820万キロワット、年間発電量は847億キロワットとなる見込み。近年、武漢市や荊門市、黄石市などで数箇所の火力発電所が新たにつくられた。

Page Top

支柱産業 anchor.png

湖北省経済の六大基幹産業:自動車産業、機械設備および電力設備産業、冶金産業、化学工業産業、軽工業と紡績工業、建築材料産業と建築産業。そのうち、自動車産業においては、規模と実力がいずれも大きな、十堰~襄樊~武漢という自動車工業の回廊が形成している。自動車の生産においては、重、中、軽工業が有機的に結合し、自動車の改装と部品を組み合わせるチェーンとなり、自動車の生産台数は全国でトップとなっている。

Page Top

マスメディア anchor.png

2000年において、湖北省にはテレビ局が14、チャンネルが70に達し、ラジオ放送局が13、チャンネルは82となっている。

Page Top

交通 anchor.png

Page Top

航空 anchor.png

2000年までのところ、湖北省には航空会社が4つ、民間用空港が5つ、軍隊と民間が共同で使用する空港が1つある。国内ルート、国際ルートと地域の間のフライト便が72本開通し、全国の57の都市への直行便が開通し、航空ルートは全部で107本ある。武漢市の天河空港は華中地区で規模がもっとも大きく、機能がもっともそろった現代的な空港であり、4Eクラスの国の1級民間用兼国際空港として設計され、全国十大空港の1つである。

Page Top

鉄道 anchor.png

北京-広州線は中国で最も交通量の多い鉄道輸送ルートの1つであり、湖北省の東部を通り、他省への輸送量は省内の物資取り扱い量を大きく上回っている。輸送されるものは石炭、鉄鋼およびその製品、材木、食糧、鉱石、建築材料などを主とする。省の西部を通る南北方向の焦枝線と枝柳線は、全省の中部と北西部にまたがっている漢丹線、襄渝線とそれぞれ、武漢市と襄樊市で交差し、湖北省内外への交通運輸の主な幹線となっている。1990年の全省の鉄路輸送距離数は1673キロであり、そのうち、複線が四分の一以上を占めている。湖北省の北西部の山間地帯を横切る襄渝線の襄樊-達県区間は中国で三本目の電化鉄道である。

Page Top

道路 anchor.png

2000年末までのところ、湖北省の自動車道路の総延長は5.78万キロに達し、100%の郷・鎮、91%の村へも通じ、ハイレベルの道路は48063キロに達している。「第十次五ヵ年計画期」(2001-2005年)には高速道路が1000キロ、一、二級道路が4609キロ、長江、漢江に架設される橋が10本、湖北省の自動車道路の総延長は65000キロに達し、ハイレベルの道路の比率は91%に達し、省都の武漢市から他の市まで高速道路が通じることになり、市、州から県(市)まで、2級以上の道路がすべて通じるようになる。

Page Top

水運 anchor.png

湖北省は内陸河川の輸送が重要な地位を占め、長江と漢江は両大水上輸送の主幹線になっている。湖北省の半分以上の県、市が水上輸送ルートの範囲にあり、全国で内陸河川の水上輸送事業が最も発達している省・区の1つである。長江は最も重要な内陸河川航路で、1年中開通している。武漢港は長江の中下流にある最大の内陸河川港の1つであり、武漢市黄石市、沙市市、宜昌市などの港も相次いで開放され、武漢港では香港や日本、東南アジア諸国への河川、海による貨物輸送ルートが開通している。漢江は湖北省の北西部と長江漢水平原をつなぐ重要なルートであり、襄樊と老河口は漢江の重要な港である。


HOME > 中国データベース > 湖北省

HOME > 中国データベース > 湖北省

中国データベース - 湖北省

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.