中国文化と中国人 - 恋する中国

ハニ族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > ハニ族

ハニ族



ハニ族, hani.jpg

ハニ族(哈尼族)は主に雲南省南西部の礼社江下流、紅河西側の哀牢山岳地帯に分布している。
ハニの言葉を使用し、漢・チベット語系、チベット・ミャンマー語派、イー族の言葉に属する。哈雅、碧触、豪白の3つの方言に分かれている。
ハニ族にはもともと自民族の文字がなく、1957年にローマ字を基礎としての表音文字がつくられた。

ハニ族は多くの神と祖先崇拝を信奉している。

ハニ族の人びとは居住地域の違いによって多くの呼称があり、たとえば「哈尼」、「愛尼」、「豪尼」、「触多」、「碧約」、「白宏」と称する人がわりに多い。史書の記載の中で、「和蛮」、「和泥」、「窩泥」、「俄泥」、「哈泥」、「阿泥」などと称している。新中国成立以後、この民族の各派が協議することによってハニを統一の民族の呼称とするようになった。ハニ族は古代の羌の人たちをルーツとしている。羌の人たちは次第に南に移住し、西暦7世紀の頃に、今の哀牢山、無量山一帯に住むようになった。唐の南詔の頃にさらに南東へ集中し、紅河、元江の岸辺一帯に住むようになり、この地で開発に力を入れ、発展をとげた。今の元江南岸の高い山と険しい山峰一帯には延々と続く段々畑があり、あるものは山のふもとからずっと山頂へ延びており、これはハニ族の人びとが代々勤勉に働くことによって築き上げた、聡明な知恵の結晶である。ハニ族の人びとは高い山、長い川という地理的強みを生かして、一年中絶えることのない渓流の水と谷の水を段々畑に引き入れ、完全な天然灌漑網をつくり上げている。主に水稲を栽培し、いろいろな経済林、茶畑の栽培にも力を入れている。ハニ族の人びとは父子連名制を保ち、つまり父の名前の最後の1か2字を、息子の名前の最初につけている。


HOME > 中国データベース > ハニ族

HOME > 中国データベース > ハニ族

中国データベース - ハニ族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.