中国文化と中国人 - 恋する中国

瀘州市 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 瀘州市

瀘州市



瀘州市は四川省南部に位置する地級市。
瀘州市は中国酒(瀘州老窖、および郎酒)の産地として有名。またリュウガンやライチなどの果物の名産地でもある。

  • 総面積:11,246km²
  • 電話番号:0830
  • 郵便番号:646000
  • 行政区画代碼:510500

地理 anchor.png

瀘州市は四川省南東部にあり、長江と沱江の合流点に位置し、長江の南北にまたがっている。北東は重慶市(榮昌県、永川市、江津市)に隣接し、東と南は貴州省(赤水市、習水県、仁懐市、金沙県、畢節市)西南は雲南省(威信県)に隣接する。西は宜賓市興文県、江安県、自貢市富順県、内江市隆昌県に接する。

瀘州市は四川盆地と雲貴高原が接合する部分にあり、四川盆地の中に丘陵地が姿を現し、四川盆地を取り巻く山々へとつながる。長江を境に、南側は低山や中位の山が多く、北側はごく少し低山があるほかは丘陵地形である。最低点は、長江が合江区を出る境界付近で海抜は203m、最高点は敘永県の分水楊龍彎粱子で海抜1,902m。

市內の河川は長江水系に属し、長江を主幹とし、樹枝状に南北方向に支流が分かれており、長江に注ぐ。主要な河川は長江本流のほか、沱江赤水河、古藺河、永寧河、塘河、瀨渓河、東門河など。

気候は湿潤な亜熱帯気候で四季ははっきりとし、冬は穏やかで短く、夏は長く暑い。

Page Top

歴史 anchor.png

夏、および商代には梁州に属したとされる。周代には巴国の支配地域であった。周の慎靚王五年(紀元前316年)、秦の恵文王が張儀や馬錯らを派遣して巴と蜀を滅ぼし、同年巴郡が設置され、瀘州がその下に置かれた。

前漢の景帝六年(紀元前151年)、蘇嘉を江陽候に封じ、長江と沱江の交差する処へ置いたとの記録がみられる。現在の長江左岸(北岸)の瀘州市江陽区の位置であり、江陽県が置かれた。続く武帝の建元六年(紀元前135年)には漢の西南部の少数民族を討伐して、その地に置かれた郡のひとつ犍為郡の管轄下になった。南北朝時代、南朝の劉宋がこの地を支配し、江陽郡を置いた。梁の武帝の大同年間(535年—546年)には国内に州が設置されたが、この地は瀘州となった。

隋の文帝の仁壽年間には瀘州総管府が置かれ、次の皇帝・煬帝は大業三年(607年)、瀘州を瀘川郡と改めた。続く唐の高祖の武徳元年(618年)には瀘州が復活し、三年(620年)には再度、総管府が置かれ、四年(621年)には都督府となった。

南宋孝宗の乾道六年(1170年)には安撫使に昇格した。蒙古軍が蜀に入ると、瀘州城は各地に遷りながら抗戦を続けた。まず現在の合江県榕山に、次いで宜賓市江安県の三江磧に、さらに合江県の安楽山に、最終的には合江県の神臂崖に築城し35年間戦った。元代には重慶路に属した。

明の太祖の洪武六年(1373年)、瀘州は四川行省の直隸となり、九年(1376年)には四川布政使司の直隸に改められた。清の嘉慶七年(1802年)瀘州には川南永寧道(1908年に下川南道と改名)が置かれた。

中華民国が発足すると瀘州は瀘県となり永寧道が置かれた。1935年には第七行政督察区が設置された。

1949年12月に人民解放軍が瀘県を占領すると、瀘州を管轄する行政組織は様々に変わった。瀘州は、川南人民行政公署(省級に相当)、瀘州、瀘県区行政督察専員公署(地級)、瀘州専区専員公署(地級)、瀘州市(川南行署の管轄)の所在地となる。1960年7月14日、中華人民共和国国務院は瀘州専区を廃し、その県や市は宜賓専区所属となった。1983年3月3日、国務院は瀘州市を省轄市に改め、もとの宜賓地区の瀘県、納溪、合江、敘永、古藺の5県を瀘州市に帰属させた。

Page Top

瀘州市の行政区画 anchor.png

瀘州市は下部に3市轄区、4県を管轄する。

Page Top

市轄区 anchor.png

  • 江陽区
  • 竜馬潭区
  • 納渓区
Page Top

anchor.png

  • 瀘県
  • 合江県
  • 叙永県
  • 古藺県
Page Top

瀘州市地図 anchor.png

四川省

瀘州市(簡体字:泸州市)

+ This map's Wiki TAG.
Page Top

経済 anchor.png

瀘州市は長江に沿う河港で、四川・雲南・貴州の三省が交わる地でもあり、歴史上、異なる地方の物産を交易する経済活動の中心地であり続けた。現在は食品工業、醸造業、化学工業が産業の中心で、その他建材生産も盛ん。

瀘州市は瀘州老窖と郎酒の二つの酒が古来より有名で国内外へ運ばれている。また、天然ガスを産出し、これにより化学工業も盛んであり、四川省の中でも重要な化学工業基地となっている。

Page Top

交通 anchor.png

Page Top

空港 anchor.png

  • 瀘州藍田空港
Page Top

水上交通 anchor.png

  • 瀘州港

瀘州港は長江上流に面し、四川省では最大の河川港湾で、コンテナ船の積み下ろしもできる。国際コンテナふ頭は、2007年5月だけで4,505個の海上コンテナを扱った。

1990年代に完成した高速道路が重慶市や省都・成都市などとを結び、鉄道や空港が中国の南部や西南部と瀘州とを結ぶ。瀘州藍田空港は1945年に建設され、インドとの空路の中継に使われていた。後に空軍の練習基地として使用されたが、2001年1月に大規模な改造工事が完成し、北京や広州、昆明、貴陽、深圳などとを結ぶ。


HOME > 中国データベース > 瀘州市

HOME > 中国データベース > 瀘州市

中国データベース - 瀘州市

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
38 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 38

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.