中国文化と中国人 - 恋する中国

甘粛省 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 甘粛省

甘粛省



甘粛省, gansu.jpg

略称:隴(long)
人口:2519万人
面積:45万k㎡
省都:蘭州(lanzhou)
省政府所在地:蘭州市中央広場1号
六大地域分類:西北


甘粛省(かんしゅくしょう)は中国西部の内陸部、黄河の上流地帯にあり、東は陝西省、北東は寧夏回族自治区、西は青海省と新疆ウイグル自治区、北は内蒙古自治区に隣接し、またモンゴル共和国と国境をはさんで隣接する。標高は1,000~3,000m。ウリ科の果物、漢方薬材、毛皮の産地。

歴史 anchor.png

200万年前にはこのあたりに「黄河ステロドン」という古生物が生息していた。5~6千年前には仰韶文化が出現している。春秋戦国時代には秦と西戎の領土に分断されていた。漢代には涼州に属す。唐代には三道が置かれ、宋代には「西夏」と称し、その中で甘州と粛州に分かれていた。現在の「甘粛」という名前はこの2つから採っている。明代には陝西省に属したが、清代に「甘粛省」となる。国境沿いに隴山があるため、略称を「隴」という。

Page Top

料理 anchor.png

邦子の燻製鶏、ラクダのこぶ肉炒め、ラクダ掌蒸しのメレンゲ添え、羊の丸焼き、敦煌ラーメン等

Page Top

特産 anchor.png

酒泉市の夜光杯、洮硯、蘭州のバラ、白蘭瓜、漢方薬など。

Page Top

観光 anchor.png

酒泉市にある嘉峪関は万里の長城の西にある砦。天下の雄関の異名を持つ。

Page Top

行政区画 anchor.png

甘粛省は下部に12地級市と2自治州を管轄する。

Page Top

甘粛省地図 anchor.png

+ This map's Wiki TAG.
Page Top

民族と民族の分布 anchor.png

漢民族の人口は2051万5000人で、全省総人口の91.7%を占め、少数民族は185万6000人で、8.3%を占める。代代同省に住み、人口が千人以上に達する少数民族としてはチベット族、トンシャン族トウ族満州族ユグル族バオアン族蒙古族サラ族、カザフ族などがある。
貧困人口:年間53万人の貧困人口の衣食問題がほぼ解決された。
中国共産党14回大会開催以来、貧困地区に投じられた資金は35億元に達し、100余万人が貧困から脱却した。

Page Top

地形 anchor.png

黄河の上流で、黄土高原、内蒙古高原、青海高原の交差するところに位置し、山地型の高原である。
海抜が高く、ゴビ砂漠が広がり、砂漠化現象が深刻な地域で、西南部には氷河もある。
黄河の西にあり、砂漠と山に挟まれ狭くなっているところが有名な河西回廊。

Page Top

気候 anchor.png

内陸の奥地に位置するため乾燥しており、降水量は少ない。
春、夏は昼と夜の温度差が大きい。

Page Top

土地 anchor.png

甘粛省の総面積45万5000平方㌔。耕地面積は353万㌶で、一人当たりは平均2.17ムー(1ムーは15分の1㌶)。草原と森林がそれぞれ1664万㌶と426万㌶である。木材保有量は2億立方㍍。そのほかに耕作可能の荒地、造林可能の荒地と放牧可能の傾斜地がそれぞれ100万㌶、666万㌶と467万㌶もある。

Page Top

鉱物 anchor.png

甘粛省ではこれまでに各種の採鉱地が約3000カ所発見されており、そのうち役に立つ鉱産物は145種、一定の埋蔵量が確認されているのは94種で、全国で1位を占めているのはニッケル、コバルト、プラチナ、セレン、鋳型用粘土、内装用石材など11種がある。特に開発優位のあるのはニッケル、亜鉛、コバルト、プラチナ、イリジウム、銅、アンチモン、重晶石、マグネサイなど15種である。

Page Top

水資源 anchor.png

甘粛省の水資源は主に黄河、長江と内陸河川など三つの流域で、九つの水系に分布している。1年の流水総量は614億立方㍍、水力総貯蔵量は想定1724万立方㍍で、全国で9位。

Page Top

生物資源 anchor.png

野生動物が659種、鳥類が441種。そのうちジャイアント・パンダ、金絲ザル、カモシカ、雪ヒョウ、シカ、小ジカ、ジャコウジカ、フタコブラクダなど32種は国の一級保護指定を受けた希少動物である。
甘粛省の野生植物は4000種余りで、うち薬材が951種、全国で2位にある。現在、主にトウキ、ダイオウ、ニンジン、カンゾウ、バイモ、大麻、トチュウ、マンネンタケ、トウチュウカソウなど450種が採取されている。

Page Top

エネルギー anchor.png

甘粛省内に水力発電所はすでに29カ所つくられ、そのうち黄河上流の劉家峡、塩鍋峡、八磐峡水力発電所と白竜江にある碧口水力発電所は設備総容量が212.5万㌔ワットである。全省の設備総容量はすでに300万㌔ワットを超え、年間発電量は235億6500万㌔ワット時である。確認されている石炭と石油の埋蔵量はそれぞれ89億2000万トンと6~7億トン。また、風・太陽光エネルギーの開発にも大きな潜在的可能性がある。

Page Top

支柱産業 anchor.png

非鉄金属、電力、石油化学工業、石油機械製造、建築材料。

Page Top

マスメディア anchor.png

放送局28社、テレビ局28社。放送局とテレビ局の人口カバー率はそれぞれ85.63%、86.14%に達している。

Page Top

交通 anchor.png

Page Top

航空 anchor.png

蘭州発で、北京、上海、広州、ウルムチなどの大都市と省内の敦煌、酒泉、天水、慶陽への20余りの便が開通している。営業距離数は35700㌔に達した。蘭州空港が正式にオープンした後、蘭州発香港着の便も開通した。貨物輸送量は430㌧㌔、旅客輸送量は10億7900万人㌔に達した。

Page Top

鉄道 anchor.png

省都蘭州が全国の交通のかなめのひとつである。蘭新線(蘭州―新疆のウルムチ)、包蘭線(包頭―蘭州)、隴海線(連雲港―蘭州)、蘭青線(蘭州―青海)の四つの鉄道幹線がここで合流している。隴海線の宝蘭区間(宝鶏―蘭州)、蘭武区間(蘭州―武漢)がすでに電化している。先程宝中線(宝鶏―中衛)も全線開通した。蘭新線の複線化は1995年5月に全面的に完成した。同省はさまざまな輸送手段による貨物取扱量は752億4300万トン・キロで、前年比52.19%増え、旅客取扱量は31.76%増の239億6400万人・キロに達している。貨物・旅客輸送の面で、鉄道輸送は依然としてメインの手段としての役割を果たし、それぞれ総取扱量の85.43%、65.95%を占めている。

Page Top

道路 anchor.png

甘粛省は72本の国道、省道を骨組みにし、県や郷の自動車道路を繋いでいる。営業距離数は3.5万㌔に達した。天水から北道、蘭州および中川空港までの高速道路が開通した。自動車道路の貨物運送量は85億㌧、旅客輸送量は約5億人㌔に達した。


HOME > 中国データベース > 甘粛省

HOME > 中国データベース > 甘粛省

中国データベース - 甘粛省

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.