中国文化と中国人 - 恋する中国

近体詩 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 近体詩

近体詩



Categorty|中国文学中国の詩


近体詩(きんたいし)は、漢詩の詩体の一つ。今体詩(きんたいし)ともいう。古体詩に対する。古体詩より遅れて唐代初期に完成した。近体(今体)詩とは、「現代の詩体」の意味で、唐代の呼称がそのまま伝わったものである。一定の格律(字数・句数・平仄・押韻・対句といった形式や韻律のこと)の制約を受けることが特徴である。

近体詩は、韻律の面で比較的自由な古体詩(古詩)に対し、厳格な韻律をもつ。唐代で確立し一般的となった絶句、律詩、排律の詩体の総称であり、それぞれ一句の字数により、五言(ごごん)、七言(しちごん)、まれに六言の形式がある。ただし排律はほぼ五言に限られる。

中国古典詩の韻律は、古くは同じ母韻の文字(ことば)を用いる脚韻がもっぱら重視されていたが、六朝期に仏典の翻訳を通じて梵語との比較対照から、中国語に4種の音調があるのを発見し、それを韻律的趣向として詩の句づくりに応用し始めた。南朝斉の永明年間(483~493)に流行した詩にこの趣向が顕著に認められる。4種の音調は「四声」とよばれ、平声、上声、去声、入声に分類されるが、沈約(441~513)の『四声譜』が四声説の最初といわれている。それ以後、くふうが積み重ねられて、唐代に入ると初唐から盛唐にかけて一定の韻律形式が完成し、流行した。したがって、唐代以降は近体詩と古体詩が併存することになった。

近体詩の中心は、韻律的規定の厳しい8句からなる律詩であり、絶句はその半分の4句、排律は律詩の対句の聯を増してゆく10句以上で構成される。それらを通じてもっとも単純でしかも基本的な原則は、毎句の「二四不同」「二六対」の原則である。すなわち、四声をさらに平声とそれ以外の三声を一括する仄声とに大別して、句中の2字目と4字目の平仄をかえ、2字目と6字目は平仄の同じ文字を用いる(ただし六言詩・七言詩のみ)というものである。ほかにも、句と句の間の対照・呼応関係、対句、脚韻などに細かな規則があるが、これらの韻律に合致するのを「入律」といい、近体詩全体を「律詩」という場合がある。近体詩のなかで五言排律は科挙の試験に用いられた形式であり、唐の詩人たちは近体詩の制作に苦心を重ねた。

近体詩の種類 anchor.png

1首の句数からいうと、4句からなるものを絶句といい、8句からなるものを律詩,12句以上からなるものを排律(長律)という。

1句の字数では、5字からなる5言詩と、7字からなる7言詩とがある。

以上の組み合わせにより、近体詩の種類は次のようになる。

  • 五言絶句
  • 七言絶句
  • 五言律詩
  • 七言律詩
  • 五言排律
  • 七言排律(※ほとんど見られない)

また、数は少ないが六言絶句もある。


HOME > 中国データベース > 近体詩

HOME > 中国データベース > 近体詩

中国データベース - 近体詩

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
51 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 51

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.