中国文化と中国人 - 恋する中国

モーラオ族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > モーラオ族

モーラオ族



モーラオ族, melao.jpg

モーラオ族(仫佬族)は、その多くが広西チワン自治区の羅城モーラオ族自治県に住んでおり、少数の人たちは近くの県・市に分散して住んでおり、漢、チワン、ミャオ、ヤオ、トン、マオナン、シュイなどの民族とともに暮らしている。
モーラオ語を使い、この言葉は漢・チベット語系、チワン・トン語族、トン・シュイ語に属する。モーラオ語はマオナン語、トン語、シュイ語とかなり似ている。大多数の人は漢語に通じ、一部の人たちはチワン語も話せる。
自民族の文字がなく、かねてから漢語をコミュニケションの手段としてきた。

モーラオ族の人たちの大多数は道教を信仰し、少数の者は仏教を信仰している。

モーラオ族は中国のながい歴史をもつ民族の一つで、魏、晋以降の史書の中で「姆姥」、「木姥」と呼ばれ、これは「僚」、「伶」など広い意味での呼称の中に含まれている。歴史の記載と言い伝えによると、モーラオ族は元あるいは明の初めごろに広西の羅城に定住し始めた。自分たちのことを「伶」、「謹」と称しているが、チワン族の人たちは彼らのことを「布謹」と呼び、漢族の人たちは彼らのことを「姆姥」と称している。新中国成立後、この民族の要望によってモーラオと総称されるようになった。モーラオ族の居住している地区は岩山地帯であり、山峰が幾重にも連なり、峡谷とくぼ地ばかりで、土質がやせており、耕地の灌漑と交通はきわめて劣悪で、経済の発展は難しかった。ここ数十年来、水利施設の建設によって、灌漑面積がどんどん広がり、穀物生産高が絶えず伸びている。モーラオ族の居住している山間部には豊富な石炭が埋蔵されてあり、石炭の里とも言われ、石炭の採掘は重要な経済的支柱となっている。


HOME > 中国データベース > モーラオ族

HOME > 中国データベース > モーラオ族

中国データベース - モーラオ族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
48 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 48

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.