中国文化と中国人 - 恋する中国

長恨歌 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 長恨歌

長恨歌



Categorty|中国文学中国の詩


長恨歌(ちょうごんか)は、中国・唐の時代、白居易によって作られた長編の漢詩である。唐代の玄宗皇帝と楊貴妃のエピソードを歌い、平安時代以降の日本文学にも多大な影響を与えた。806年(元和元年)、白居易が盩厔県(陝西省周至県)尉であった時の作。七言古詩(120句)。

漢の王は長年美女を求めてきたが満足しえず、ついに楊家の娘を手に入れた。それ以来、王は彼女にのめりこんで政治を忘れたばかりでなく、その縁者を次々と高位に取り上げる。

その有様に反乱(安史の乱)が起き、王は宮殿を逃げ出す。しかし楊貴妃をよく思わない兵は動かず、とうとう王は兵をなだめるために楊貴妃殺害を許可する羽目になる。

反乱が治まると王は都に戻ったが、楊貴妃を懐かしく思い出すばかりでうつうつとして楽しまない。道士が術を使って楊貴妃の魂を捜し求め、苦労の末、ようやく仙界にて、今は太真と名乗る彼女を見つけ出す。

太真は道士に、王との思い出の品とメッセージをことづける。それは「天にあっては比翼の鳥[1]のように」「地にあっては連理の枝[2]のように」、かつて永遠の愛を誓い合った思い出の言葉だった。


HOME > 中国データベース > 長恨歌

HOME > 中国データベース > 長恨歌

中国データベース - 長恨歌

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
47 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 47

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.