中国文化と中国人 - 恋する中国

リス族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > リス族

リス族



リス族, lisu.jpg

リス族(傈僳族)は主に雲南省怒江リス族自治州に集中的に居住し、少数は付近の州・県と四川省塩源、塩辺、木里に分散して居住している。
リスの言葉を使用し、この言語は漢・チベット語系、チベット・ミャンマー語派、イ語分支に属する。 前後して3種の文字を使ったことがある。それは欧米の宣教師の作った表音文字、維西県のリスの人が作った音節文字、新中国成立後に作ったローマ字のような新しい文字である。これは今ではリス族の間で普及されている。

リス族は以前から原始宗教を信奉し、20世紀の初めに、欧米の宣教師が入ってきてからは、少数の人たちがキリストあるいはカトリックを信奉するようになった。

リス族はながい歴史をもつ民族で、その民族名は唐の時代に最初に使われ、今も使われている。リス族はイ族、ナシ族と密接な関係がある。唐の時代の「烏蛮」をルーツとしている。8世紀の頃、リス族の祖先は金沙江の両岸一帯に居住した。16世紀の中葉、略奪、抑圧に反抗し、戦争を避けるため、多くのリス族の人びとは部落長の引率の下で怒江地域に移住した。リス族の人たちは辺鄙な高い山の中で暮らし、生産力水準が低く、焼き畑農法や狩猟など原始的な生産活動を主としていた。20世紀50年代になってもまだ氏族社会の残存が顕著な形で残されていた。怒江地域だけでも虎、熊、猿、蛇、羊、魚、蜂、鼠、鶏、鳥、竹、麻、茶など10種類の氏族の呼称があり、これらの呼称にはそれぞれ崇拝するトーテムが存在している。新中国成立後、リス族の人たちにとって新しい人生のスタートであった。特に交通の発展によって、リス族の人たちは交通の不便な山奥から出て、経済、文化は急速な発展を遂げた。


HOME > 中国データベース > リス族

HOME > 中国データベース > リス族

中国データベース - リス族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
32 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 32

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.