中国文化と中国人 - 恋する中国

香港特別行政区 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 香港特別行政区

香港特別行政区



香港特別行政区, xianggang.jpg

略称:港(gang)
人口:631万人
面積:0.1095万k㎡
省庁:香港(xianggang)


香港(ほんこん)の名前の由来は、香港島南端のアバディーンから、かつて香木を積み出したことから由来する。
広東語のヒョンコンが英語訛りしたもので、北京語ではxiang kang
香港は香港島、九龍半島、新界の3つの地区に分けられる。
政庁所在地は、香港島中環地区、Victoria Central
現地語は広東語。公用語として中国語(普通話)と英語が使われる。使用通貨は香港ドル。
亜熱帯に属するため、日本のような春はなく四季というより三季。5月ごろから気温が連日30℃、湿度が90%という状態が続く。産業としては観光業が筆頭。また、一部を除いて関税がかからないフリーポートとなっている。

anchor.png

香港旗, flag_xianggang.jpg

香港の旗は香港の地域花であるバウヒニアの花弁5枚をあしらい、赤は社会主義、白は資本主義を象徴する。
一国二制度という特殊な政体を示し、5つの花弁と星は、中国の五星紅旗の5に基づいて中国同胞との一体感を表している。

Page Top

歴史 anchor.png

香港が歴史に登場してきたのはわずか150年ほど前のこと。それ以前は人口7000人ほどの小さな漁村に過ぎなかった。香港がアヘン戦争によってイギリスの植民地となってからの146年間は世界の自由貿易港として発展しつづけてきた。
1997年7月に主権を中国に返還。「一国両制」を基本とした特別行政区となる。現在はアジアを代表する金融センターとして発展。

Page Top

料理 anchor.png

香港は世界有数のグルメ天国である。香港のレストランは種類が多く、高級店から安くて美味しい大衆食堂まで幅広い。
広東、四川、北京、上海、潮州、客家、湖南、山東など地方料理の他、精進、海鮮、飲茶など特色のある料理も多い。
アメリカのファーストフードの影響で、中華料理のファーストフードも街角に登場している。
粥やワンタン、麺類、豆乳、焼き餅、揚げパンの一種である油条などを出す従来のスナックもなかなか美味しい。
国際貿易都市らしく、日本料理をはじめ、フランス料理、イタリア料理、地中海料理、ヨーロピアン・コンチネンタル料理、ベトナム料理、メキシコ料理、インド料理など、さまざまな国の味を楽しむことができる。

Page Top

行政区画 anchor.png

香港特別行政区は下部に18の区を管轄する。

Page Top

香港特別行政区地図 anchor.png

+ This map's Wiki TAG.

HOME > 中国データベース > 香港特別行政区

HOME > 中国データベース > 香港特別行政区

中国データベース - 香港特別行政区

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
40 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 40

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.