中国文化と中国人 - 恋する中国

龍門石窟 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 龍門石窟

龍門石窟



世界遺産登録日:2000年
遺産種別:文化遺産
遺産所在地:河南省


龍門石窟は、洛陽市の南12キロの所に位置し、敦煌の莫高窟、大同の雲岡石窟と並ぶ、中国三大石窟の一つである。 歴史上、洛陽はかつて後漢、北魏、武周などの時代、都として栄えた場所で、東漢の時代、仏教が中国に伝わり、永平年間に中国仏教の名刹、白馬寺が建てられた。 北魏の皇帝は、仏教を重んじ、則天武后も仏教への信仰が厚かったため、彼らは洛陽で盛んに仏教建築を建造した。龍門石窟はそのうちの最も有名なものである。
龍門石窟は主に、北魏時代と唐代に切り開かれ、そのうち規模が最大で、一番の見所は、唐代、則天武后の統治時期に作られた奉先寺石窟である。 内部の仏像は神々しく、表情はおおらかで優雅である。また、衣のヒダまではっきりと見える。
その他、代表的な石窟は、北魏の「古陽洞」、「賓陽洞」、「蓮花洞」と唐代の「潜渓寺」、「万仏洞」、「看経寺」などがある。


HOME > 中国データベース > 龍門石窟

HOME > 中国データベース > 龍門石窟

中国データベース - 龍門石窟

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.