中国文化と中国人 - 恋する中国

中国の武道 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 中国の武道

中国の武道



中国武術とは、中国に起源を持つ武術の総称。
「中国武術」は中華人民共和国では単に武術、中華民国(台湾)では國術、中国広東省など両広地方では功夫 とも呼ばれる。

中国での名称である武術という言葉が示すのは徒手技術である拳法のみではなく、火器を除く武器術も含まれる。
武器は中国においては器械、または兵器と呼ばれ、刀や剣に代表される短器械、槍や棍に代表される長器械などがある。
中国の武術の門派の数は有名なものだけで400とも600とも言われるが、徒手拳術と器械を備えている門派が多い。

現在、「武術」の競技名で点数制の套路競技(表演競技)や散手(散打)競技(徒手の組手競技)が中国国内だけでなく国際的に行われている。

中国では武術の目的は「看」、「健身」、「実用」、すなわち見て美しい演武を行うこと、体を鍛えて健康になること、そして相手を殺傷できる力をつけることの3つであると考えられている。
「看」の側面を強調したものは表演武術である。
「健身」の側面を強調したものは太極拳である。
太極拳の愛好者は世界中に大勢いるが多くの人が武術としてよりも健康法として行っている。「実用」の側面は現代では表だって行われることは無いが、伝統拳を伝える老師の多くは実用性を重視した練習方法を伝えている。いずれかが強調される場合はあるものの、この3つが揃って初めて武術と呼べるものであり、いずれかを欠いた場合には武術ではない何か、ダンス競技や健康体操、あるいはただの格闘技となってしまうという考え方もある。


HOME > 中国データベース > 中国の武道

HOME > 中国データベース > 中国の武道

中国データベース - 中国の武道

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.