中国文化と中国人 - 恋する中国

ウイグル族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > ウイグル族

ウイグル族



ウイグル族は、主に中央アジアのタリム盆地に居住する民族。人口は1千万人弱。テュルク諸語のウイグル語を話すムスリム(イスラム教徒)で、伝統的にはオアシスに定住して農耕や商業に従事する。ウイグル人の居住地域はウイグル語で東トルキスタンあるいはウイグルスタンと呼ばれる。

現在は中国の新疆ウイグル自治区となっており、大多数のウイグル人は中国の少数民族として維吾爾(维吾尔)族と呼ばれている。また、カザフスタンやキルギス、ウズベキスタンなどにも少数居住する。これらの大多数は、19世紀後半以降、中国の支配を嫌って移住した人々の子孫である。

古代のモンゴル高原で活動したテュルク系遊牧民の回鶻(ウイグル)と、古代にタリム盆地に居住していたインド・ヨーロッパ語族の言語を話す諸民族を祖先とするとされる。人種的にはモンゴロイドとコーカソイドの混血といえるが、個人差も大きく、見た目は漢族と区別がつきにくい者もいる。

民族名の起源 anchor.png

ウイグル人, weiwue.jpg

ウイグル人の祖先たちを含め、東西トルキスタンのオアシス都市の住民たちは、固有の民族名称をもたず、異教徒に対してはムスリム、よそものに対してイェルリク(土地の者)という意識を持つにとどまっていた。しかしロシア革命により成立したソビエト政権は、民族政策として「民族別の自治」を掲げ、西トルキスタンでも、遊牧諸集団やオアシス都市の定住民たちに対し「民族的境界区分」が施され、諸民族が「創出」されていった。西トルキスタンには、1881年のロ清イリ条約の締結の際にロシア領に移住したタリム盆地出身者が多数おり、彼らは1921年、カザフスタンのアルマトイにおいて、古代のウイグルという呼称を復活させ、自らこれを名乗ることを決定した。この呼称は中国統治下の東トルキスタンにも次第に知られるようになり、従来より当局が用いていた「纆回(ぼくかい)」という呼称を「ウイグル」に改めるよう求める運動がおこった。この改名運動は、盛世才政権のもとで受け入れられ、1934年、省府議会が正式にこの呼称を採用、「維吾爾」という漢字表記もこの時に正式に確定し、現在に至っている。

ウイグルとは、団結、連合の意味がある。

Page Top

歴史 anchor.png

Page Top

前史 anchor.png

  • 15世紀前半 - タリム盆地のオアシス諸都市、オイラトの支配下に。
  • 17世紀 - タリム盆地のオアシス諸都市、 ジュンガル部やホショト部の支配下に。
  • 17世紀中の中国史料に「黄頭ウイグル」の名で、東トルキスタンの地の遊牧民として登場
  • 1758年から1759年 - 清の乾隆帝による「回部」(=東トルキスタン)征服
  • 東トルキスタンは新疆(「新たなる領土」)と名付けられ清朝の支配下に服す。
Page Top

20世紀 anchor.png

  • 1912年 - 辛亥革命
  • 1931年 - 1933年 - 東トルキスタンのイスラム教諸民族の抗中蜂起
  • 1933年 - 1934年 東トルキスタン・イスラム共和国(第一次)
  • 1934年 - 「ウイグル(維吾爾)」の民族呼称が正式に定められる。
  • 1944年 - 東トルキスタン共和国(第二次)建国を宣言。
  • 1949年10月 中華人民共和国の成立。中国共産党は東トルキスタンに進駐。
  • 1955年 - 中国で2番目の自治区 新疆ウイグル自治区となる。
    その後、漢族移住者の増大、中国の改革・開放政策のもとでの経済格差の拡大、ソ連崩壊と中央アジアの隣接する民族国家の独立、イスラムの影響力などの要因により、西蔵自治区(1965年成立)と共に中国内で最も大きな民族問題を抱える。

第二次「東トルキスタン共和国」の独立運動は、ソ連の後援をうけ、当時の新疆省当局による鎮圧行動を退ける強固な基盤を確立することに成功した。しかし中華人民共和国が成立するとその統治下に入った。しかし、新疆が中国共産党の支配下に置かれることになった経緯や、中国共産党の新疆統治に問題があると考える人々は国内外で独立運動を続けており、中国の抱える民族問題のひとつとなっている。

Page Top

文化 anchor.png

Page Top

宗教 anchor.png

ほぼ全員がスンナ派イスラム教を信仰しているが、トルコ系祖先が信じた古代シャーマニズムの儀式の名残が見られる。例えば、現代ウイグル人の民族舞踊の一つ「サマ踊り (Sama Usuli)」はシャーマンの儀式由来するとされ、実際ウイグル南部には呪術師バックシが存在する。

Page Top

文学 anchor.png

カラハン朝の詩人ユースフ・ハーッス・ハージブの『クタドグ・ビリク』(1069年) 最初のトルコ語文学

  • マフムッド・カッシュガリ(11世紀)
  • アフマット・ユグナキ(13世紀)
  • ユスーフ・サッカキ(14世紀)
  • ルットフィ(15世紀)
  • ヒルキティ(17-18世紀のウイグル古典文学の代表)
  • ゼリリ(同上)
  • ノビティ(同上)
Page Top

音楽 anchor.png

古典音楽として、「ムカム」(マカム、マカームとも)と呼ばれる楽曲(体系)が伝わっている。同様の伝統音楽は中央アジア・中近東に広く行われるが、ウイグルにおいては代表的なものとして、カシュガルのウイグルが伝えるムカム(12ムカム)などが比較的よく知られている。演奏に使われる楽器は十数種類と豊富であるといわれる。

Page Top

舞踊 anchor.png

ウイグル人は音楽と踊りが好きなことで有名。次のような踊り(ウスーリ)がある。

  • セナーム・ウスーリ
    最も一般的な自由な踊り。祭りや結婚式、パーティなどでよく踊られる。地方ごとに「カッシュガール・セナーミ」「イリ・セナーミ」「クチャ・セナーミ」等がある。
  • ドラーン・ウスーリ
    楽曲「ドラーン・ムカム」(ムカムの一種)に合わせて踊る古い民間のダンス。ヤルカンド河流域のマキット、マラルベシ、ヤルカンド、アワット等の地域に広まる。
  • サマ・ウスーリ
    シャーマニズム信仰から来た踊りと言われる。主にカシュガル、ヤルカンド方面に普及された踊りで、普通は男性だけで踊る。
  • シャディヤナ
    祭礼や大集会で踊る集団舞踊。
  • ナズリクム
    これも祝賀や集会で人々が踊るものでトルファンのウイグル人の間に伝わる。
Page Top

anchor.png

遊牧民の弓の文化が残っており、伝統的な弓の復興も図られている。 現在はアーチェリーも盛んで、中華人民共和国の代表選手も輩出している。


HOME > 中国データベース > ウイグル族

HOME > 中国データベース > ウイグル族

中国データベース - ウイグル族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.