中国文化と中国人 - 恋する中国

中国茶の歴史 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 中国茶の歴史

中国茶の歴史



中国茶は中国の雲南省・四川省・貴州省周辺に生えていた植物。
お茶の歴史は紀元前2700年頃の伝説から始まる。
茶は最初は薬として飲まれていたが、その後は飲み物として広がり始め、唐代には全国規模に広がった。

この頃のお茶は臼などで挽いた粉状「末茶」のお茶が主流。また唐代に陸羽が誕生したことで、お茶が単なる日常的な飲み物としてではなく文学や芸術の側面でも大きく発展していくこととなった。

宋代には製茶技術が急激な進歩をなし、芸術面でも書画詩、茶器等が後世に残された。
明代に入ると太宗が献上させるお茶をこれまでの末茶から散茶(芽茶)に替えさせたことで茶葉の主流が急転換した。この変化に伴いお茶の淹れ方や茶器の形状、用途も大きく変化。

更に清代に入ると茶葉の輸出もピークとなり、中国茶の発展史上最全盛期となった。しかしそれが結果的にアヘン戦争を生む要因となり、茶園や生産基点に大きな打撃を与え荒廃させてしまう。
中華人民共和国建国以後は再び政府によってお茶の栽培が奨励され、各地で様々な銘茶が生まれている。

中国の歴史の中でお茶が最初に出てくるのは古代伝説の中に出てくる炎帝神農氏。この伝説から中国ではお茶の発見は紀元前2700年頃の神農時代だと見られてる。
神農氏はこの伝説の中に出てくる三皇(伏羲氏、神農氏、黄帝)の一人で、神農氏は火を用いて食物を取ることを発明したために「炎帝」と呼ばれた。
「神農本草経」には「神農嘗百草、日遇七十二毒、得荼而解之」と記載されており、これが神農が初めに荼(=茶)を発見したと言われる根拠になっている。
お茶の飲み方を文字に記したのは現在「広雅」が最も古い文献とされていて、漢代になると四川の王褒が記した「僮約」の中に「烹荼盡具」、「武當買荼」という記載があり、ここから当時既にお茶が飲まれていてその売買があったことがわかる。またこの「僮約」が現段階では茶具に関する最初の文献だと言われている。

三国時代になると張揖の「広雅」からお茶はまず挽いて、煮出し、葱や生姜、蜜柑の皮などを入れたということがわかり、東晋代に入ると当時の物語から、お茶が既に社会的、文化的に様々な役割を果たしていること、更に南北朝の頃には清淡家達の議論を促進するための酒に代わる潤滑油のようなものだったとことが窺い知れる。
以後お茶の存在は歴史と共に単に渇きを癒すだけのものではなく人々の生活習慣、文化、精神、芸術面に欠かせないものへと発展していった。


HOME > 中国データベース > 中国茶の歴史

HOME > 中国データベース > 中国茶の歴史

中国データベース - 中国茶の歴史

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
14 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.