中国文化と中国人 - 恋する中国

ウズベク族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > ウズベク族

ウズベク族



ウズベク族は、西トルキスタン南部、ホラズム地方からフェルガナ地方にかけてに広がって居住し、中央アジアで最大の人口を抱えるテュルク系民族。

民族国家として、中央アジアでもっとも人口の集中したトランスオクシアナ地方の大半を領土とするウズベキスタン共和国を持つほか、中国の新疆ウイグル自治区とアフガニスタンの北部マザーリシャリーフ周辺にもそれぞれ数十万人が住む。
中国国内では、ウズベク族は新疆ウイグル自治区に分布しているが、イーニン(伊寧)、ターチョン(塔城)、ウルムチなどの都市に比較的集中している。

自称はO'zbekで、まれにオズベクとも表記される。他称はUzbek。ウズベク(オズベク)は、テュルク語で「自分」を意味するオズ(oz)と「君主」を意味するベグ(beg)が語源で、「自身が主」を意味するという。この名が民族名に使われたのは、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の最盛期を築き、支配下の遊牧民たちをイスラム教に改宗させたウズベク・ハンに由来するとの説が有力であり、15世紀頃に中央アジアの南部にいたチャガタイ・トルコ人(ティムール朝の人々)が北のジョチ・ウルス東部の遊牧民たちを「ウズベクたち」(ウズベク族)と呼んだことが知られる。現代のウズベク民族と区別する必要があるときはとくに遊牧ウズベクと呼ぶ。

言語 anchor.png

ウズベク族, wuzebieke.jpg

ウズベク語を使用する。ウズベク語はアルタイ語系のチュルク語族西フン語支に属する。文字はアラビヤ語をもととした表音文字である。大多数の人がウイグル語に通じる。

Page Top

宗教 anchor.png

ウズベク族の人たちのほとんどがイスラム教を信仰している。

Page Top

歴史 anchor.png

ウズベク族の祖先は大昔中央アジアから中国に移住してきた。14世紀の前半、モンゴル帝国に属したキプチャク・ハーン国はウズベク・ハンの支配のもとで国力が強大となったため、ウズベク・ハン国と呼ばれるとともに、その民もウズベク人と呼ばれるようになった。元の時代、キプチャク・ハーン国のウズベクの人たちはシルクロードに沿って新疆経由で中国内陸部にたどりつき、商業を営むようになった。そのため、その一部は新疆のいくつかの町に移住するようになった。18世紀50年代に清朝が新疆を統一してから、中国に移住してくる中央アジアのウズベク人、特に商人が日増しに増えた。こうした移住は20世紀の初めまで続いた。移住者は商人のほか、手工業者、知識人と農民もいた。ウズベク人のほとんどは町に居住していたため、教育を受ける機会も多く、知識人や教師の数も多かった。そして、新疆地区の文化・教育事業のために大きな貢献をした。


HOME > 中国データベース > ウズベク族

HOME > 中国データベース > ウズベク族

中国データベース - ウズベク族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
37 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.