中国文化と中国人 - 恋する中国

エヴェンキ族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > エヴェンキ族

エヴェンキ族



エヴェンキ族, evenki.jpg

エヴェンキ族はツングース系民族の一つで、主にロシア国内のシベリア連邦管区にあるエヴェンキ自治管区に居住する。ほか、ロシア国内ではサハ共和国などにも居住し、中国国内でも興安嶺山脈周辺の内モンゴル自治区・黒龍江省などに居住している。また、日本列島でもロシア実効支配下の樺太や北海道などにわずかながら居住している。

民族を代表する生業は狩猟とトナカイ遊牧で、狩猟では皮革採取や肉・内臓の食用のために鹿類、テンなどが捕獲の対象である。狩猟の際の移動にはトナカイに騎乗し、トナカイで荷物も運搬する。交配のための種雄を除き、雄のトナカイには去勢を行なう。トナカイはそのほか、乳飲用に利用するほか、時にはその肉・内臓・血を食用・飲用とし、中国では漢方薬として袋角採取も行う。基本的にトナカイの飼育・管理は女性の仕事であり、男性が狩猟に専念しやすくなっている。

伝統的な住居はオロチョン族と同様、比較的細い白樺などの幹を何本も組んで、その外部をトナカイ等の毛皮、または夏には樹皮で覆った円錐形の天幕式住居である。現在では定住化のため、ベースとなる住居は近隣のロシア人や漢族と同様のものだが、狩猟や、地衣類の豊富な場所へのトナカイの移動で、ベースの住居を離れねばならない場合、伝統的な天幕式住居またはその他のテントを設置して野営する。

伝統宗教はシャーマニズムだが、帝政ロシア時代のロシア正教の宣教師による布教など、ロシア人の影響から、シャーマニズムと併せて正教を信仰する人もいる。

また、ロシアのみならず中国のエヴェンキも、かつてはロシア人と交易を行い、毛皮と引き換えに生活用品や銃、散弾、小麦粉を入手した。

ロシア人との交流のため、ロシア国内・中国国内のエヴェンキともに食生活にもロシアの影響があり、小麦粉よりパンを焼いて食べ、紅茶を飲用し、紅茶にトナカイの乳も加える。また、中国国内のエヴェンキ女性にもロシア風のスカーフを被る人がいるなど、着衣もロシアの影響が大きい。

清帝国の時代のエヴェンキはソロン八旗に取り入れられ、乾隆帝の十全武功で目覚ましい活躍を遂げた。エヴェンキ出身の海蘭察は、清の大軍が敵のゲリラ戦術に苦戦するさなか、エヴェンキ族で構成された部隊を率いて幾度も戦果をあげ、最終的には将軍になった人物である。しかしこの時代のエヴェンキ人の大量徴兵が後の人口減少につながっているとも言われる。

エヴェンキの文化には、朝鮮民族の文化と類似しているものが幾つか存在する。 チャンスンとエヴェンキの木像、ソッテとエヴェンキの鳥のトーテム、タルチュムのタル(仮面)とエヴェンキの仮面劇用の仮面、またムーダンと呼ばれる巫女とエヴェンキの巫女などが挙げられる。 朝鮮民族とエヴェンキ族の文化の共通点は更なる研究が待たれる。


HOME > 中国データベース > エヴェンキ族

HOME > 中国データベース > エヴェンキ族

中国データベース - エヴェンキ族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
41 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 41

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.