中国文化と中国人 - 恋する中国

副省級市 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 副省級市

副省級市



副省級市とは、中華人民共和国の地方自治体の一種であり、とくに重要な地級市(二級行政区)で大幅な自主権が与えられる都市。副省級市の市長は副省長と同じ序列である。1994年2月24日、中央機構編成委員会で制度が新設された。地級市として省の管轄下にあるが、経済・財政と法制の面で省と同程度の自主権が認められている。中国語では「副省級城市」と言う。城市とは都市の意味である。

現在、以下の15地級市が副省級市に定められている。省都が多いが、そうでない都市もある。

Page Top

経済特区 anchor.png

Page Top

経済技術開発区 anchor.png

Page Top

その他 anchor.png

  • (新疆生産建設兵団)

かつて中華民国期には、哈爾浜、瀋陽、南京、広州、西安、武漢、大連、青島が直轄市であった。

なお、重慶市はかつては副省級市であったが、1997年に一級行政区(省と同じレベル)である直轄市に移行した。現在、哈爾浜と成都が最大の副省級市で、人口では直轄市である天津市を凌ぐ。


HOME > 中国データベース > 副省級市

HOME > 中国データベース > 副省級市

中国データベース - 副省級市

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
12 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.