中国文化と中国人 - 恋する中国

十便十宜 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 十便十宜

十便十宜



Categorty|中国文学中国の詩


十便十宜(じゅうべんじゅうぎ)は、清の劇作家李漁(李笠翁)が、別荘伊園での生活をうたった詩。草蘆を山麓にむすんで、門をとじて閑居したところ、客の訪問を受け、静は静であろうが、不便なことが多いであろうといったのに対して、便と宜とそれぞれ十則の詩をつくってこたえたというもの。また、これに基づいて1771年に池大雅が「十便帖」、与謝蕪村が「十宜帖」を描き、合作した画帖が「十便十宜帖」である。慣用的に「十便十宜図」とも。大雅作の「釣便」は名高い。国宝。

川端康成が家を買うのをあきらめてこれを蒐集しており、現在は川端康成記念館蔵。

十便帖 anchor.png

池大雅図。李漁が伊園においていう「十の便利」を絵画化したもの。自然と共に生きる人間の豊かさを画面いっぱいに描きこんでいる。

  • 耕便(こうべん)
  • 汲便(きゅうべん)
  • 浣濯便(かんたくべん)
  • 潅園便(かんえんべん)
  • 釣便(ちょうべん)
  • 吟便(ぎんべん)
  • 課農便(かのうべん)
  • 樵便(しょうべん)
  • 防夜便(ぼうやべん)
  • 眺便(ちょうべん)
Page Top

十宜帖 anchor.png

与謝蕪村図。自然が四季や時間、天候によって移り変わるそれぞれの「十の宜いこと」を絵画化したもの。線の使い分けなど、自然描写が美しく、俳人として生きた蕪村の個性が表れている。

  • 宜春(ぎしゅん)
  • 宜夏(ぎか)
  • 宜秋(ぎしゅう)
  • 宜冬(ぎとう)
  • 宜暁(ぎぎょう)
  • 宜晩(ぎばん)
  • 宜晴(ぎせい)
  • 宜風(ぎふう)
  • 宜陰(ぎいん)
  • 宜雨(ぎう)

HOME > 中国データベース > 十便十宜

HOME > 中国データベース > 十便十宜

中国データベース - 十便十宜

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
44 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 44

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.