中国文化と中国人 - 恋する中国

唐詩三百首 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 唐詩三百首

唐詩三百首



Categorty|中国文学中国の詩


唐詩三百首(とうしさんびゃくしゅ)は、清の孫洙、字は臨西が編纂したと言われている詞華集で、1763年(乾隆28年)、孫洙53歳のときに完成した。編者の孫洙は、世上「蘅塘退士(こうとうたいし)」の名で知られるが、これは「蘅塘」・「退士」という二つの号を併せた呼称である。ただ孫洙なる人物については最近の研究でようやく明らかになってきたものであり、その唐代の詩に対する考え方も、本書にどのような作品が採用されているかという点から推測するよりほか、今のところ手掛かりがない。なお本書は、その選詩の基準という点において、沈徳潜が1717年(康熙56年)に撰した『唐詩別裁集』に拠るところが大きい。

唐詩三百首の構成 anchor.png

版本により多少の異同があるようだが、総計五万余首を数えるという唐詩の中から、77人の詩人の作品、313首を選び出しており、その構成は以下のようである。なお、この300という数は、中国最古の詞華集『詩経』に採られている歌謡がおおよそ300であることによる。

  • 巻一、五言古詩40首(うち同題の連作2首2組;楽府7首)
  • 巻二、七言古詩18首
  • 巻三、  (同)  10首
  • 巻四、七言楽府14首(うち連作2首1組)
  • 巻五、五言律詩80首
  • 巻六、七言律詩54首(うち連作5首1組、連作3首1組、無題詩連作2首2組;楽府1首)
  • 巻七、五言絶句37首(うち楽府4首、その中に連作2首1組、連作4首1組)
  • 巻八、七言絶句60首(うち連作2首2組;楽府7首、その中に連作3首1組)

※ (清)陳婉俊補注本、商務印書館発行、1998年5月22刷の版に拠る。

Page Top

特質 anchor.png

本書における特徴は、詩体別の採用数から見ていくと、上記の通り巻五以下の五七言の絶句・律詩を多く選んでいることが挙げられる。これは唐代にその完成を見た、いわゆる近体詩(「今体詩」とも表記)こそが唐詩の精華であることに鑑みれば、まずは妥当な配分と言えよう。

次に時代別の数。唐代文学は、唐朝をその政治史から初唐・盛唐・中唐・晩唐の四期に分け、それぞれの時代ごとに見ていくのが一般である。が、むろんこれは絶対的なものではなく、古代中国の文人というのがほとんどの場合、とりもなおさず中央官僚であったため、その境遇が政変に左右されやすいことに一因しよう。そして、『唐詩三百首』が類書の『唐詩選』や『三体詩』などと決定的に異なるのが、この時代別に見ていった際の配分率である。すなわち、『唐詩選』が初・盛唐詩を重点的に採用し、『三体詩』が多く中・晩唐詩から選抜しているのに対し、本書は初・盛・中・晩唐の佳品をほぼあまねく網羅しており、唐朝一代の詩史・詩風を概観するのにたいへん好都合な作りとなっているのである。これは『唐詩三百首』の編集方針が、その序に「家塾の教科書として初学の児童に教えることを目的に、人口に膾炙したとりわけ重要な作品ばかりを選んだ」とあることから察せられるように、唐詩入門書を作るということにあったからである。ために中国にあっては現今も初等・中等教育で盛んに使用され、日本においても高校・大学での漢文授業にテキストとして好んで採用されている。

また、田部井文雄の『唐詩三百首詳解』によれば、『唐詩選』と『唐詩三百首』とを比べるとき、日本人にもよく知られている王維、李白、杜甫について調べてみると、数の上ではそれぞれ王維(31/29)、李白(33/29)、杜甫(51/39)と拮抗していると言える。しかし、王維の「渭川田家」「輞川間居贈裴秀才迪」「山居秋瞑」、李白では「将進酒」「月下独酌」「蜀道難」、また杜甫の「春望」「月夜」「贈衛八処士」「兵車行」といった名品は、『唐詩三百首』にはあっても、『唐詩選』には見られない。さらに、白居易の作品を一首も採らない『唐詩選』に対し、『唐詩三百首』では古今の絶唱と言われる白居易の「長恨歌」を読めるといったことなども考え合わせると、『唐詩三百首』を最良の初学者向けのテキストと見ることができる、という。

『誤訳・愚訳 漢文の読めない漢学者たち!』(1967年久保書店)で、岩波の『唐詩選』をはじめとする唐詩の誤訳や原文の間違い、意境の至らなさなどを痛烈に批判した張明澄は、幼少時から家学としての漢学を仕込まれ、『唐詩三百首』などは丸暗記させられたという。

Page Top

訳注文献 anchor.png

中国における古い注釈は、1835年(道光15年)に浙江省建徳の人である章燮が出したものが最初である。いわゆる『唐詩三百首注疏』本で、孫洙によって撰せられた『唐詩三百首』が当初全6巻、310首であったのに比べ、章燮の『注疏』本では少しく構成を変えた上で詩を11首上積みし、全321首とした。やや下って1844年(道光24年)には、江蘇省上元の女性文人陳婉俊が注解を施した『唐詩三百首補注』が現れる。本書では体裁を全八巻に再構成し、詩は孫洙本より3首増やして全313首としている。

日本語訳注はいくつかあり、以下は田部井本と併せた比較的新しい刊行本である。

  • 目加田誠 『唐詩三百首』全3巻 (平凡社東洋文庫、1973-75年) 
    (1巻)ISBN 9784582802399 (2巻)ISBN 9784582802658 (3巻)ISBN 9784582802672
  • 田部井文雄 『唐詩三百首詳解』上下 (大修館書店、1988-90年)
    (上巻)ISBN 9784469230550 (下巻)ISBN 9784469230734
  • 深沢一幸 『鑑賞中国の古典19 唐詩三百首』(角川書店、1989年) ISBN 9784045909191

HOME > 中国データベース > 唐詩三百首

HOME > 中国データベース > 唐詩三百首

中国データベース - 唐詩三百首

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
44 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 44

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.