中国文化と中国人 - 恋する中国

唐詩選 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 唐詩選

唐詩選



Categorty|中国文学中国の詩


唐詩選(とうしせん)は、明の李攀竜(りはんりょう、1514年~1570年)が編纂したといわれる唐代の漢詩選集である。出版年代は、李攀竜の死後、16世紀末から17世紀初頭とされる。

五言古詩14首、七言古詩32首、五言律詩67首、五言排律40首、七言律詩73首、五言絶句74首、七言絶句165首の計465首を収録する。唐詩の選集としては、日本では『唐詩三百首』と並んで良く読まれている。特に江戸時代には広く読まれていた。

李攀竜は、宋詩優勢の中、王世貞らとともに古文辞派の後七子として、盛唐詩(玄宗時代の詩)を規範とする擬古主義的な文学を推進していた。『唐詩選』もそうした評価に従って詩が選ばれており、盛唐の詩人である杜甫・李白・王維などの詩が多く採用される一方、中・晩唐の詩は軽視されており、韓愈が1首、杜牧や白居易にいたっては採録されていないなど、その詩の選び方は偏っている。

唐詩選』は李攀竜の死後、明末に刊行され、清初まで郷塾の初学者のテキストとして広い読者を確保した。日本にも伝来年代は不明であるものの、古くから伝来していたものと推定されている。日本では荻生徂徠が明の古文辞派を重んじ、『唐詩選』を高く評価したことから大流行し、徂徠の弟子服部南郭の注釈書『唐詩選国字解』(平凡社東洋文庫全3巻)はベストセラーとなった。

しかし中国本土では、清代になり古文辞派など明代の文学観が批判されるようになると、『唐詩選』の評価は下落した。さらに、『四庫全書総目提要』において、『唐詩選』が李攀竜の編纂ではなく、民間の出版業者による偽作であるという説が提示されたことで、一層見向きされなくなった。

唐詩選偽作説について anchor.png

『四庫全書総目提要』の偽作説は、おおよそ以下のようなものである。

「『唐詩選』は、町の商人が、当時名声の高かった李攀竜の名を騙り、李の編んだ漢詩集『古今詩刪』の唐の部分を抜き出し、李の遺稿「選唐詩序」を「唐詩選序」と改竄して序文とし、あたかも李が『唐詩選』を編纂したかのように見せかけ、注釈も唐汝詢の『唐詩解』から盗用したものであろう。塾で学習教材として使っていることが多いのは、おかしなことである」

この説が日本に伝わると、『唐詩選』に対する批判が生じ、偽作説は更に追及され、「『唐詩選』には『古今詩刪』に未収録の漢詩も入っている。従って『古今詩刪』の抜粋ですらない。詩の選択も疑問であり、価値の低い書物である」とされた。山本北山のように「偽唐詩」とさえいうものさえあったという。これに対し、1932年に平野彦次郎は「李于鱗唐詩選は果たして偽書なりや」の中で、『四庫全書総目提要』の偽作説を批判し、『唐詩選』は李攀竜の真作であるとする説を発表した。しかし現在でも偽作説は有力である。

Page Top

日本での評価 anchor.png

上記で述べたように、「唐詩」の選集としては、批判の多い刊本だが、特に盛唐期の詩をうかがい知る上で、最も手頃な選集として今日まで馴染まれている。例えば、藤沢周平は漢詩を良く読んでいたが、晩年に「私のような非専門家には、『唐詩選』のような文庫版3冊くらいの小ぶりの詩集がちょうど良い」と述べた。

手頃さと唐詩らしい詩が多く含まれていることから、日本では今日まで最も一般的に読まれている。また今日「唐詩選」と題する日本語書籍の多くは、編者が全く独自に編んだ「選詩集」で出版されている。


HOME > 中国データベース > 唐詩選

HOME > 中国データベース > 唐詩選

中国データベース - 唐詩選

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
46 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.