中国文化と中国人 - 恋する中国

四声八病説 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 四声八病説

四声八病説



Categorty|中国文学中国の詩


四声八病説(しせいはっぺいせつ)は、中国南北朝時代の文学者、沈約が南斉の武帝の永明年間(483年~493年)に唱えたとされる詩歌の韻律論。沈約は『四声譜』を著して中国語の声調を4種類に分類し(四声)、さらに『宋書』「謝霊運伝」に付した論において、文学作品の韻律美を自覚的に追求することを提唱した。沈約の主張に謝朓・王融らが共鳴し、彼らが確立した詩風は「永明体」と呼ばれ、当時大いに流行した。「八病説」は、四声論にもとづき、当時の主要な詩型であった五言詩において、具体的に回避すべき禁忌として提示された8種の規則を指し、「平頭・上尾・蜂腰・鶴膝・大韻・小韻・傍紐・正紐」の名称がある。

八病説に関する最もまとまった記述は、日本の平安時代の僧侶、空海が編集した詩論書『文鏡秘府論』西巻「文二十四種病」にある。ただし沈約本人による記述ではなく、後世の隋の劉善経『四声指帰』や唐の上官儀『筆札華梁』・無名氏『文筆式』・元兢『詩髄脳』などの諸書から引用されたものであり、それぞれに異同がある。


HOME > 中国データベース > 四声八病説

HOME > 中国データベース > 四声八病説

中国データベース - 四声八病説

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
46 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.