中国文化と中国人 - 恋する中国

回族 - 中国データベース


回族



回族(かいぞく、ホイ族あるいはフイ族)は、中国最大のムスリム(イスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語・形質等は漢族・漢民族と同じだが、イスラム教(イスラーム)を信仰する。中国全土に広く散らばって住んでおり、人口は2000年の時点で約900万人で、中国に住むムスリム人口のおよそ半数を占める。

回族の起源は、対外交易が盛んであった唐から元の時代に、中央アジアやインド洋を経由して渡ってきたアラブ系・ペルシア系の外来ムスリムと、彼らと通婚し改宗した在来の中国人(主に漢族)にあると言われている。回族のコミュニティには普通、モスク(中国語では「清真寺」と表記)があり、聖者廟を有する場合もある。言語は中国語を用いるが、イスラームに関わる用語にアラビア語・ペルシア語・テュルク語に由来する語彙を持つ。姓名は漢族と異ならないが、預言者ムハンマドの名から取った「馬」の姓が多く見られるともいう。回族は漢族などと雑居しながらもイスラムにのっとった生活を行い、漢族とは食習慣や冠婚葬祭などの習俗を大きく異にしており、この違いが回族の民族としてのアイデンティティの拠り所となっている。

清の時代には彼ら漢族化したムスリムは漠然と「回民」あるいは「漢回」などと呼ばれていた。中華人民共和国は彼らムスリムを少数民族「回族」として認定する政策を取った。「回族」は当初は独立民族としての認定を目指す回民の側の要求により設定された特異な民族枠(これは回民が体験させられて来た清代・中華民国時代の歴史的な経緯、政治的・経済的な事情や、民族集団の自意識を言語や形質ではなく信仰する宗教によって分けて考える回民の側の意識の表れ、中華人民共和国政府当局の民族自決のイデオロギー、漢族の側の回民に対する差別意識、などから来ている)であったが、民族政策の都合上、血統による民族集団へと転化し、回族の血は引いていてもイスラム教の信仰を失っている者が回族を名乗る例も珍しくなくなった(これは、回族になっていれば少数民族として優遇措置を受けることができるためでもある イスラムを信仰する漢族も回族と呼ぶのか、信仰を捨てた回族を回族と呼んでいいのかという問題も起きている)。

清の末期には甘粛省など中国西部で反乱を起こした回民の集団がおり、清に鎮圧されたのちその一部はロシア帝国領に渡って中央アジアに定住した。彼らの子孫はドンガン人(東干人)と呼ばれる民族集団となって現在もカザフスタンやキルギスタンに居住している。

回族自治区域 anchor.png

回族, hui.jpg
  • 寧夏回族自治区
  • 甘粛省臨夏回族自治州
  • 新疆ウイグル自治区新昌回族自治州
  • 河北省大厂回族自治県
  • 河北省孟村回族自治県
  • ほか自治県多数
Page Top

中国のモスク anchor.png

  • 北京市宣武区 牛街礼拝寺



中国データベース - 回族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.