中国文化と中国人 - 恋する中国

大足石刻 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 大足石刻

大足石刻



世界遺産登録日:1999年
遺産種別:文化遺産
遺産所在地:重慶市

重慶市大足県にある、大足石刻は649年に最初に切り開かれ、唐朝末期、五代、宋代に次々と作られ、明清代(14~19世紀)まで、石刻の数は増加を続け、最終的には、巨大な巨大な規模になり、中国の石刻芸術の精華として、末期の中国石窟芸術の代表として、中国三大石窟である、「雲こう石窟」、「龍門石窟」、「莫高窟」と同じくらい有名である。大足石刻も芸術的価値や規模では中国三大石窟と比べても遜色がない。
大足は石刻の故郷として、域内に40を越える石刻があり、そのうち彫像は5万体余りに達する。その中で最も有名で、規模が最大のものは「宝頂山」と「北山」の二ヶ所である。この二つの山は全国の重要文化保護財に指定され、唐朝末期以降の石窟芸術の代表作である。
「北山」の石刻の彫像は万を数える。ここの石刻は892年から250年かけて作られたという。これらの彫像の特徴は、彫刻が細かく、まるで生きているように見えることだ。
中でも観音像や文殊菩薩像は傑作といわれている。
「宝頂山」の石刻は中国の石窟芸術の中でもめずらしいもので、規則的に設計をした後、まず少しずつ彫り、モデルとし、それから更に拡大していったといわれている。
なかでも、農村の牧歌的な生活をリアルに刻んだ《牧牛道場》が最も精彩を放っている。


HOME > 中国データベース > 大足石刻

HOME > 中国データベース > 大足石刻

中国データベース - 大足石刻

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.