中国文化と中国人 - 恋する中国

天津市 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 天津市

天津市



天津市, tianjin.jpg

略称:津(jin)
人口:957万人
面積:1.13万k㎡
省都:天津(tianjin)
省政府所在地:
六大地域分類:華北


天津市(てんしんし)は華北平原の北東部に位置し、東は渤海に臨み、北は燕山山脈をバックにし、北緯38度33分~40度15分、東経116度42分~118度03分に位置する。
北は首都北京と隣接し、東部、西部、南部は河北省の唐山、承徳、廊坊、滄州地区とそれぞれ境を接している。海岸線の長さは約133kmで、面積は1万1305k㎡である。
天津という地名は早くも中国の明朝の永楽初年に現れ、天子がお渡りになった渡し場という意味である。明の永楽2年(西暦1404年)、軍事要衝として、天津では軍隊を駐屯させて警備を固めるための城壁の築造を始め、「天津衛」と呼ばれるようになった。
天津は北京への海の玄関口。軽工業、機械電機、化学工業などが盛んな中国北方の総合産業都市。神戸港よりフェリーが入港している。
天津市は現在、和平区河東区南開区河西区河北区紅橋区塘沽区漢沽区大港区東麗区西青区津南区、北辰区など13の区、武清県、静海県寧河県、宝坻県、薊県など5つの県を管轄している。
四直轄市の一つ。

歴史 anchor.png

漢・隋代に運河が開かれ土地が整備された。金・元代には「沽」と称した。明代初期には海津鎮がおかれ、後に「天津」と改められる。清代には隷州に属し、天津府と呼ばれた。
1858年の天津条約により外国列強の租界地となる。中華民国が天津特別市を設置。

Page Top

料理 anchor.png

100年以上の歴史をもつ老舗「狗不理」の肉饅頭。

Page Top

特産 anchor.png

天津雅梨、天津栗、盤山柿、泥人形、凧

Page Top

観光 anchor.png

天津には歴史遺跡が多く、出土文物も豊かで、40ヵ所の国家クラスと市クラスの重点文化財がある。そのうち、隋の時代にできた大きな木造のお寺、独楽寺には1000年余りの歴史がある。薊県の黄崖関長城は全長が41キロで、多種多様な造形の異なるのろし台が1000余りもあり、高くて険しく雄大で、「薊北を守る鎖」と称されてきた。「北京東部第1の山」と称されている薊県盤山は、雄大な地勢の山で、山々が重なり合い、建築物と自然の山水とが一体となっている。そのほか、天后宮、文廟、大悲院、モスク、天尊閣、天成寺、大沽口砲台、望海楼教堂、広東会館および青年時代の周恩来氏の天津における革命活動記念館などがある。
天津の建築物は古い建築物と現代建築物が共存するという特色を持っており、「万国建築博物館」とも呼ばれている。天津は開港が早かった上、かつては9カ国の租借地があったため、風格がそれぞれ異なった洋風の建築物がその特色であり、19世紀末から20世紀の初めにかけての東洋および欧米諸国のさまざまな建築物が1000棟余りも残っている。
天津にはその名を知られた四大民間芸術が存在する。「泥人張」のカラー彫刻芸術は全国でも有名で、世界でも好評である。「揚柳青年画」にはながい歴史があり、外国の観光客に非常に喜ばれている。「魏記のたこ」は1914年にパナマ国際博覧会で金賞を獲得した。「れんがの劉」に代表される建築装飾レンガの彫刻のお陰で、天津のれんが彫刻は中国のただ一つの民間建築技術の粋を示すものとなった。

Page Top

行政区画 anchor.png

天津市は下部に15区と3県を管轄する。

Page Top

anchor.png

  • (天津経済技術開発区)
Page Top

天津市地図 anchor.png

+ This map's Wiki TAG.
Page Top

民族と民族の分布 anchor.png

天津市には合計41の少数民族が住んでおり、少数民族の人口総数は22万人である。

Page Top

地形 anchor.png

天津は海河の下流に位置し、海河の両岸に展開する都市で、天津市内には海河、子牙新河、独流減河、永定新河、潮白新河および薊運河などが流れ、海に流れ込んでいる。市中心部は海岸からは50キロ、首都の北京からは120キロも離れており、海から北京に通じる要衝であり、昔から首都の門戸、国都の周りの重鎮であった。天津はまた華北、東北、西北という三北地区を連ねる交通の中枢でもあり、天津から東北地域の瀋陽、西北地域の包頭、南部の徐州、鄭州などへは、その直線距離はいずれも600キロを超えない。天津はまた中国北部の10数省・直轄市の海に通じる交通ルートであり、中国北部で最大の人工の港、天津港があり、30余本の海上ルートが300余りの世界各国、各地域の港へ通じ、太平洋の対岸からヨーロッパとアジア内陸部に通じる主なルートであり、ユーラシア・ランドブリッジの主な海への出口でもある。地理的位置、戦略的地位に恵まれた非常に重要な都市である。

Page Top

気候 anchor.png

天津は中緯度のユーラシア大陸の東海岸に位置し、太平洋に面し、季節的環流による影響が著しく、冬はモンゴルからの寒い高気圧にさらされ、北寄りの風が多く、夏は西太平洋の副熱帯高気圧の影響を受け、南寄りの風が多い。天津の気候は暖温帯半湿潤の大陸季節風気候に属し、次のように顕著な陸地から海への過渡的特徴があり、つまり春、夏、秋、冬の四季がはっきりしており、季節の長さが違うこと、降雨が少なく、雨量がアンバランスであること、季節風が強く吹き、日照が十分であること、海に近いが、大陸的性格が強い。年間平均気温は12.3℃、7月は最も暑く、月間平均気温が26℃に達することもあり、1月は最も寒く、月間平均気温はマイナス4℃で、年間平均降水量は550~680ミリ、夏の降水量は年間降水量のおよそ80%を占める。

Page Top

土地 anchor.png

天津の北部にある薊県の山間部の土壌は、石の風化によって形成された薄い積土層であり、その他の地区は第4紀沈積物の発酵によって形成された土壌で、農業生産に適した肥沃な土地である。市全体の農業用地は67万1700ヘクタール、非農業用地は45万9000ヘクタールである。海河の下流にある浜海地区にはまだ開発されていない荒地・砂地が120平方キロもある。

Page Top

鉱物 anchor.png

天津市では、すでに発見されている採掘価値のある鉱物資源は20余種。主にマンガン、マンガン・ホウ素石、金、タングステン、モリブデン、銅、アルミニウム、亜鉛、石灰岩、大理石、麦飯石、重晶石、天然油砥石などさまざまな金属と非金属がある。
燃料用鉱物としては主に石油と天然ガスがあり、平原の地下および渤海大陸棚に埋蔵されているといわれている。

Page Top

水資源 anchor.png

天津は海河の両岸地域に展開する町であり、海河は華北最大の川で、上流には長さが10キロ以上の支流が300本余りもあり、中流において北運河、永定河、大清河、子牙河、南運河に流れ込み、この5本の川は天津の金鋼橋付近の三叉口で合流して海河の主流となり、大沽口で海に流れ込む。主流はその全長が72キロ、幅は平均100メートル、水深が3~5メートルで、かつては3000トン級の汽船が通航したこともある。
灤河の水を引いて天津に送水するプロジェクトは80年代に実施された大規模な水利プロジェクトであり、毎年天津に10億立方メートルの水を送水することができる。天津は地下水の蓄積量が豊かで、山間地帯では石の裂目から流れ出た水も多く、水質が最もよく、鉱化度が低く、泉水の流量はたいてい一時間当り7.2~14.6トンで、雨季になると最高は一時間当り720~800トンに達することもある。市全域には大きなダムが3つあり、総貯水量は3億4000万である。

Page Top

生物資源 anchor.png

浜海地帯には耐アルカリ性植物が多く生えている。樹種は白ろう、槐(エンジュ)、つばき、やなぎ、楊、キリなどがあり、近年、ナシ、ナツメ、アンズ、桃、ブドウ、リンゴなど果樹の栽培も重視されている。窪地にはアシ、ショウブおよび人工栽培のヒシ、レンコンがある。北部の山地ではアカマツ、コノテガシワ、クルミ、クリ、サンザシ、カキの木などがたくさんある。
野生動物は、野生のヤギ、キバノロ、ハリネズミ、リスと鳥類などで草原の動物である。陸上の水たまり、ダムには淡水魚類がおよそ30種類も生息しており、水揚げの量の多いのはコイ、青魚、草魚、レンギョ(シタメ)、梭魚などである。

Page Top

支柱産業 anchor.png

自動車機械設備、マイクロエレクトロニクス・通信設備、海洋化学工業と石油化学工業、良質鋼管と良質鋼材を重点とする四大支柱産業からなる。

Page Top

マスメディア anchor.png

放送番組が6チャンネル、放送時間は毎日平均して116時間30分で、市クラスのテレビ番組は3チャンネル。

Page Top

交通 anchor.png

Page Top

鉄道 anchor.png

天津の鉄道中枢は京山(北京=山海関)、京滬(北京=上海)2大鉄道幹線の合流地点であり、中国北部における鉄道輸送の中枢でもある。

Page Top

道路 anchor.png

天津市は自動車道路が四方八方に通じ、京塘(北京=塘沽)、京哈(北京=ハルビン)、津楡(天津=楡次)、京福(北京=福建)、京湽(北京=湽博)、京同(北京=大同)など6本の国道が天津を通り、天津と東北3省、華北の大部分、浙江、江蘇、山東、広東、福建など各省・自治区を結びつけ、市内では3本の環状道路、14本の放射状道路を中心とする都市道路網が建設されている。

Page Top

水運 anchor.png

天津港は中国北部最大の総合貿易港であり、全国最大のコンテナバースがあり、75のバースのうち、1万トン級以上のバースは48で、世界の170の国と地域の約300の港との間で貿易往来がある。


HOME > 中国データベース > 天津市

HOME > 中国データベース > 天津市

中国データベース - 天津市

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
34 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 34

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.