中国文化と中国人 - 恋する中国

宮体詩 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 宮体詩

宮体詩



Categorty|中国文学中国の詩


宮体詩(きゅうたいし)は、中国南北朝時代、梁の第2代皇帝簡文帝蕭綱が皇太子時代、配下の文人であった徐摛、庾肩吾らとともに確立した詩体を指す。「宮体」とは「東宮(皇太子)の詩体」の意である。

宮体詩の特徴 anchor.png

特徴としては、女性の姿態や仕草、身につけている服飾品の描写を通して、男女の情愛を主題とする点にある。また型式面では、先代の沈約・謝朓らの「永明体」を継承し、詩の形式美・韻律美の追求に関して、より一層の整備が図られている。

簡文帝はさらに、徐摛の息子徐陵に命じ、これら宮体詩に加え、漢代からの「艶詩」を収録した詞華集『玉台新詠』を編纂させている。徐・庾親子の詩文は「徐庾体」と称されて、当時の人士の間で大いに流行した。宮体詩は南北朝後期に大いに流行し、梁以後の陳や北朝でも制作された。しかしその「綺羅脂粉」を重視する側面は、唐代以後、文学において儒教の復興が図られるようになると、しばしば文学の堕落として批判されるようになった。


HOME > 中国データベース > 宮体詩

HOME > 中国データベース > 宮体詩

中国データベース - 宮体詩

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
46 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 46

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.