中国文化と中国人 - 恋する中国

市轄区 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 市轄区

市轄区



市轄区(しかつく)は中国と台湾における都市の行政区画の一種。

中華人民共和国の市轄区 anchor.png

中華人民共和国では「市轄区」は直轄市や大都市(地級市)の市街に設置された県級行政区である。市轄区の下の区画は郷級行政区で、大都市と開発の進んだ地区では主に街道が、工業化・都市化の発達過程中の都市では鎮や郷が主となっている。

市轄区が他の県級行政区と違うのはそれが都市の主体的部分となっている事である。すなわち人口密度が高く流動人口が集中しており、都市人口率は高く、文化・経済・貿易が発達している。

Page Top

台湾の市轄区 anchor.png

戦後の台湾(中華民国)では区は直轄市(台北市と高雄市)と省轄市の下の行政区画である。県以下の県轄市に相当し、郷や鎮と同じ段階にある。

中華民国の地方行政区画のなかで行政院直轄市(院轄市)及び省轄市の下の行政単位は「区」のみである。1968年に台北市が省轄市から院轄市へ昇格する過程で台北県に属していた郷を数個編入した際これを区に改めた。1990年に区が再編成されて現在の台北市の12区となった。そのほか南部の高雄市と省轄市である台中市、基隆市新竹市嘉義市、台南市にもそれぞれ区が存在する。台湾の区と郷、鎮、県轄市は一様に公所を行政弁事単位(地方自治体ではない)としており、里もまた管轄するが村は管轄しない。区長は市長に任命され、任期は4年である。


HOME > 中国データベース > 市轄区

HOME > 中国データベース > 市轄区

中国データベース - 市轄区

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
39 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.