中国文化と中国人 - 恋する中国

平水韻 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > 平水韻

平水韻



Categorty|中国文学中国の詩


平水韻(へいすいいん)は、 近体詩の押韻に使われる106韻。一般に詩韻(しいん)と呼ばれるものはこの平水韻を指す。『切韻』系の韻書を整理したもので、中古音の音韻体系を表している。上平声15韻、下平声15韻、上声29韻、去声30韻、入声17韻の計106韻。

平水韻という名は平水(現山西省臨汾)という地名にもとづくものであるが、その由来には2説あり、平水で刊行された金の王文鬱の『平水新刊礼部韻略』(1229年)によるというものと、『壬子新刊礼部韻略』(1252年、現存せず)を著した劉淵が平水出身であったというものがある。

このように旧説では平水韻の韻目は王文鬱の106韻あるいは劉淵の107韻に基づくとされるが、劉淵、王文鬱よりも古く原型となるものがあると思われる。2001年に敦煌莫高窟北区の石窟から出土した唐代の古韻書『排字韻』残巻が平水韻の106韻と合致していることが明らかになった。

宋代の官韻書である『広韻』は206韻の体系を採っていた。しかし、その系列である簡略版の『礼部韻略』(1037年)は、表面上206韻であったが、同用によって韻数を統合すると、実質上108韻であった。さらに同用によって上声の「迥」「拯」、去声の「径」「証」を併合して各1韻減らすと106韻になる。この韻目は金の張天錫『草書韻会』や南宋の陰時夫『韻府群玉』でも採用された。

平水韻はこの後、近体詩の押韻の根拠として現在に至るまで用いられた。清代の『佩文韻府』にも平水韻が使われている。

なお平声の字が多いため、平声は上下2巻に分けられ、それぞれ上平声、下平声と呼ばれる。


HOME > 中国データベース > 平水韻

HOME > 中国データベース > 平水韻

中国データベース - 平水韻

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
44 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 44

もっと...
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.