中国文化と中国人 - 恋する中国

ジーヌオ族 - 中国データベース

HOME > 中国データベース > ジーヌオ族

ジーヌオ族



ジーヌオ族, jinuo.jpg

ジーヌオ族(基诺族)は主に雲南省のシーサンパンナ・タイ族自治州景洪市基諾(ジーヌオ)郷とその近隣の山間部に分布する。2000年の第5次全国人口普査統計では人口は20,899人で、中国政府が公認する56の民族の中で44番目。
言語はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派イ語グループに所属するジーヌオ語を使用する。自民族の文字は持たない。

ジーヌオ族は「万物に魂あり」と信じ、盛んに祖先崇拝を行った。

ジーヌオはこの民族の自称であり、かつて史籍文献のなかでは「攸楽」と漢訳されていた。ジーヌオ族の人たちはすべて雲南省シーサンパナ州の大きな山に集まり住み、その生活習慣、祝日の風俗、服飾、民族の起源と歴史的な沿革などの各方面の情況に基づき、国務院から中国の少数民族の一つとして認定、公布され、中国で認められている55の少数民族のひとつである。ジーヌオ族のルーツに関しては、記載される文字はない。ジーヌオ族の人たちは諸葛孔明を尊崇し、言伝えによると諸葛孔明の南下する軍勢の一部で、普ジや墨江、あるいは更に遠い北方から移住してきたといわれている。代々発展を続けてきたにもかかわらず、新中国の成立当時はまだ定型化した階級社会を形成しておらず、ほぼ原始社会の末期から階級社会へ移行する農村公社の段階にあった。新中国の成立後、ジーヌオ族の人たちは直接社会主義の段階に入り、焼き畑農法、竹を刻して物事を記録する、物々交換、霊魂を祭って病いを治すといった時代遅れの様相を徹底的に変えた。今では、ジーヌオ族の公務員、大学生、医師、商人と農業科学技術者が育っている。


HOME > 中国データベース > ジーヌオ族

HOME > 中国データベース > ジーヌオ族

中国データベース - ジーヌオ族

サイト内検索
LINKS
メニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:




Online
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中国データベース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.