中国文化と中国人 - 恋する中国

広東料理のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 広東料理

広東料理のレシピ



広東料理, 334.jpg

日本で広東料理と呼ばれる南方系料理は、広東、潮州、東江、福建、広西、香港などの料理などの地方の料理を含む。この地方の料理は素材の持ち味を生かす、さっぱりとした味つけが特徴。広東は昔から外国との貿易が盛んで、料理の面でも国外の影響を強く受けてきました。温暖な気候と良港に恵まれ食材の種類が豊富。野菜や海産物を中心にツバメの巣からヘビまで「広東料理ではなにもかもが食材になってしまう」とさえいわれている。香港料理や沿岸部発祥の潮州料理は、広東料理をベースにした魚介類を多用する料理だといえる。

広東料理は中国南部の広東省、香港、マカオ及び海外の広東系住民の居住地区で食べられている料理。粤菜(えつさい、中国語 粵菜 ユエツァイ Yuè cài)とも称され、中華料理の四大菜系、または八大菜系のひとつに挙げられる。
「食は広州にあり」(食在広州)と称され、豊富な食材とまろやかな味つけ、高度な技術を誇る。

広東料理のレシピ anchor.png


広東料理と呼ばれるものは、広東省内の各地の名物料理の集大成であり、この中には大きく分けて広州料理、順徳料理東江料理客家料理)の三大料理があるとされる(潮州料理を含まない)。広州が食の中心地で、「食在広州」(食は広州にあり)といわれるが、広州のレストランでも、特一級などの称号を持つ傑出した料理人は順徳出身の者が多く、広州で他の地方の料理とも融合し、改良を加えながら広州の料理が形成されたものである。もともと広東省の一部であった海南島の海南料理は味付けや調理法から福建料理の系統と考える方が妥当である。

広東語である飲茶(ヤムチャ)やワンタンが、英語でも日本語でもそのまま外来語として使われていることからも分かるように、中華料理の中では最も世界中に広まっている。これは、清代以降にアメリカ合衆国、ハワイ、東南アジア各地などに多数移住した中国人は広東省出身者が多かったことに起因する。日本でも横浜中華街や神戸南京町には広東系の華人が多く、広東料理店が多い。

潮州料理から取り入れられたフカヒレや燕の巣を始め、貝柱、カキ、ヒラメの干物など、海産の乾物のうま味をとりいれ、総じて薄味で、素材のうま味を生かす料理が多い。調味料として、基本として砂糖、塩、コショウ、醤油、米の醸造酒とスープを用い、ショウガ、ネギで風味を加え、油や水溶き片栗粉で照りを加える。他に食材に合わせて、オイスターソース、XO醤、魚醤、蝦醤、酢、ニンニク、腐乳、八角、豆豉なども用いられる。海鮮や高級食材を多用することから高価な料理もあり、経済発展が続いている中国国内の各都市でも、広東料理店は増えている。

あっさりした味が多い広東省の料理でも、北部(粤北)では湖南料理や江西料理の影響を受けた辛く酸っぱい家庭料理も存在する。たとえば「酸辣椒蒸魚頭」という料理はコクレンなどの魚の頭を酢漬けのトウガラシ、ネギ、ショウガなどとともに蒸した料理で、酢醤油系のたれをかけて食べる。また、広州料理店でも「野山椒」という酢漬けのトウガラシを用意しており、客の好みで、醤油に入れて食べることも珍しくない。


HOME > 中華料理大全 > レシピ > 広東料理

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 広東料理

中華料理大全 - 広東料理のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.