中国文化と中国人 - 恋する中国

出迎えのマナー - 中華料理大全


出迎えのマナー



たいていの場合、主人が入り口に立って客人を迎える。まず先頭に主人が(夫婦の場合は揃って)立ち、その横に何人かの主要メンバーも並んで客人を受け入れる。そのラインを「迎賓ライン」と呼ぶ。
VIP客人は、迎賓ラインの各人と握手した後、まず控え室に通される。控え室に案内されない場合は直接会場に入るが、案内係に案内されるまで勝手に着席してはならない。中国における正式な宴会は通常、全員着席方式で各人の座席位置も指定されている。

客人のトップが到着すると、主人が控え室に付き添って案内し、室内の人たちの紹介を受ける。その時点から主人は控え室に入ってしまうが、参加予定の客人全員が到着するまでは、入り口の迎賓ラインは崩さず、入り口で客人全員の到着を待たなければならない。

やがて開始時間になり、全員が到着したら、主人が客人VIP一行を会場に案内しながら入場する。会場の最前列中央にはVIPテーブルが準備され、VIP客人はそれぞれの身分順位に応じて、上の位から順番に宴席に着席するのである。最後のVIPが着席したら、宴会のスタートとなる。




中華料理大全 - 出迎えのマナー

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.