中国文化と中国人 - 恋する中国

冬瓜蛤仔湯(冬瓜とアサリのスープ)のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > スープ > 冬瓜蛤仔湯

冬瓜蛤仔湯(冬瓜とアサリのスープ)のレシピ



[Upload]

中国夏野菜の代表、冬瓜を使ったスープのレシピです。

材料(4人分) anchor.png

  • 冬瓜…160g
  • あさり(殻付き)…400g
  • ネギ油…大さじ1/2
  • ネギ(みじん切り)…大さじ1
  • 生姜(みじん切り)…小さじ1
  • 紹興酒…小さじ1
  • 鶏がらスープ…800ml
  • 塩…適量
  • コショウ…適量
  • サラダ油…適量
Page Top

冬瓜蛤仔湯(冬瓜とアサリのスープ)の作り方 anchor.png

  1. 冬瓜は皮をむき、5mm厚さ、1.5cm角の正方形に切る。
  2. 1の冬瓜を、塩、サラダ油各少々を加えた熱湯に入れ、混ぜながらゆで、冬瓜がやわらかくなったら水気を切る。
  3. アサリはあらかじめ砂抜きしておき、殻をこすり合わせて洗い、水気を切る。
  4. 中華鍋にネギ油、ネギ、生姜を入れ、弱火で炒める。香りが立ったら、アサリを加えて炒める。
  5. 4のアサリに油が回ったら、紹興酒、鶏がらスープを加えて煮る。
  6. 5が沸騰したらアクを取り、コショウ少々を加え、2の冬瓜を入れ、落としぶたをして約2分煮る。
  7. アサリの口が開いて、スープが白濁したら、塩で味をととのえる。
Page Top

調理のポイント anchor.png

  • アサリの口が開き、スープが白濁するまで煮ると、うまみが出る。
  • アサリに塩分が含まれているので、必ず味をみながら塩を加えて味をととのえる。
Page Top

参考 anchor.png

冬瓜は、ウリ科のつる性一年草。原産はインド、東南アジア。日本では平安時代から冬瓜が栽培されている。7~8月に収穫される夏の野菜で、実を食用とする。冬瓜の実は大きいもので短径30cm、長径80cm程度にもなる。冬瓜には「冬」の字が付くが、れっきとした夏野菜。冬瓜は保存性が高く、果実を丸のまま冷暗所に置けば冬まで保存できるとされることから「冬瓜」と書かれるともいう。

冬瓜は、体を冷し、熱をさます効果があるとされる。種子は冬瓜子(とうがし)、白瓜子(はくかし)、冬瓜仁(とうがにん)などと呼ばれ、利尿剤などとして用いられる。


HOME > 中華料理大全 > レシピ > スープ > 冬瓜蛤仔湯

HOME > 中華料理大全 > レシピ > スープ > 冬瓜蛤仔湯

中華料理大全 - 冬瓜蛤仔湯(冬瓜とアサリのスープ)のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.