中国文化と中国人 - 恋する中国

油条(揚げパン)のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 点心 > 油条

油条(揚げパン)のレシピ



油条(揚げパン), 289.jpg

油条は、中国の家庭で広く親しまれている揚げパンで、炸油条または油炸塊とも呼ばれる。
そのままパンの代わりに食べたり、小さく切ってお粥の中に入れて食べる。中国の一般庶民にとって、なくてはならない食べ物。

材料(6人分) anchor.png

  • 強力粉…600g
  • 重曹…9.3g
  • 水…375g
  • アンモニアパウダー…9.3g
  • ミョウバン…7.5g
  • 塩…7.5g
Page Top

油条の作り方 anchor.png

  1. 水にアンモニアパウダーと塩、ミョウバンをよく溶かす。
  2. 重曹を加え、泡立ったら強力粉を入れ、軽く混ぜ合わせる。
  3. ビニール袋の内側に油を塗り、生地がかたくならないように生地を入れて軽く落とす。1時間おきに4回落とす。
  4. まな板の上で厚さ1cm、幅10cmくらいにのばし、ラップをかけて常温で一晩ねかせる。
  5. 生地を2cm幅に切る。
  6. 生地を2本重ねて、中央を箸で押さえる。
  7. ねじりながら引っ張り、油に入れて揚げる。箸でくるくる回して、しっかりきつね色になるまで揚げる。
Page Top

調理のポイント anchor.png

  • アンモニアパウダーはよく溶かずに仕上げると、アンモニア臭が強く残るので注意する。
  • 泡にガスが含まれているので、このガスを生地に混ぜて発酵させる。
  • 生地を強くこねるとガスが逃げてふくらまず、団子状態になるので、袋に入れて、持ち上げて落とすようにしてこねるとよい。
  • 1本の太い生地では揚げたときに芯が残りやすい。2本の細い生地にして、重ねて箸で押さえ、油に接する面を広くして揚げる。
  • 生地を油に入れ、そのままにしておくと、ふくらむより早くかたまってしまう。かたまる前にふくらむ余裕を与えるために、箸でまわしながら揚げる。

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 点心 > 油条

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 点心 > 油条

中華料理大全 - 油条(揚げパン)のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.