中国文化と中国人 - 恋する中国

中華料理のマナー - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > マナー

中華料理のマナー



中華料理の食べ方、宴会、接待等のマナー

中華料理のテーブルマナーの基本は、同席者や周囲の人たちに配慮し、不愉快な感じを与えないように楽しく食事することである。

中華料理は大勢でテーブルを囲み、会話を楽しみながら賑やかに食事をする。日本料理や西洋料理に比べ、それほど厳しくはない。


もてなしの心 anchor.png

中華料理の場合、日本料理や西洋料理以上に際立った特徴として、「もてなしの心」をあげることができる。招く側の心からのもてなしの気持ちが現れるのが中華料理である。
中国人は、人をもてなすことに関して昔から大変厳しい国民といえる。これは礼を尊ぶ儒教の影響により、人を招いたからには、最大限のもてなしをしなければホストとして失格と心得、準備も日本人に比べてはるかに念入りである。
例えば、レストランで客を招いて会食をする場合、ホストは事前にその店に出向き、料理内容について店側と打ち合わせをし、自ら献立を指示することもある。予算だけを伝えて内容は店任せという日本人とはずいぶん違う。ホストが自ら献立内容を指示するのは、もし店任せにして納得できなかったり、安価に見えるような料理を提供することがあれば、招かれた側は「自分はこの程度にしか見られていないのか」と思うかもしれない。そのように受けとられることを避けるために、自ら指示して内容に粗相がないようにするのである。これも招いた人に対して最大限のもてなしを心がける中国人の気持ちの表れといえる。
かつては、控え室にゲストが揃うと、ホストは主賓から順に1人1人手をとるようにして部屋に案内し、自ら酒を注いだという。そのくらい「礼」を重んじ、もてなしの心を大切にするのである。

中華料理のマナーは厳しくないが、食事の前から始まっているのである。


HOME > 中華料理大全 > マナー

HOME > 中華料理大全 > マナー

中華料理大全 - 中華料理のマナー

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2016 Area Zero All Rights Reserved.