中国文化と中国人 - 恋する中国

中華料理の宴席(宴会) - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > 宴席

中華料理の宴席(宴会)



中華料理の宴席

宴席, 24.jpg

宴席とは、冠婚葬祭をはじめとする各種集まりから公の大宴席にいたるまで、正式な座を設け、その座の格に合わせて必要な料理を準備した宴会の席のことである。酒席とも呼ばれる。
したがって、諸条件にかないさえすれば、一般の家庭で客を招待した場合にでも「宴席」と表現することができる。そのため、料理店以外に正式な座を設けてもかまわないのである。
豪華な満漢全席から、家庭でのおもてなし料理まで、正式な形式と料理を整えたものすべてが宴席である。

中国での宴会は紀元前21世紀に始まるといわれ、四千年の歴史を持つ。古代には「燕会」や「讌会」などともいった。

ちなみに、「宴会」とは「食事をしたり酒を飲んだりして楽しむ集まり」という意味であり、「宴席」とは「宴会をする席」という意味であるが、これは中国語でも同じである。なお、中国語でも宴会は「宴会」であるが、宴席は中国語で「宴席」の他に「酒席」や「筵席」ともいう。



宴席の内容によって料理や作法なども変わってくる。また、地方や民族によっても、料理の素材や味付け、酒、作法、進行なども異なる。

正式な座を設けてはいけない公館でのごく普通の宴会には、簡単な宴会(家庭で軽く客に供する程度の一品料理など)という意味を表す「便飯」(小吃)や「薄酌」という謙遜した名称がつけられる。供する料理は、一般に求められる程度の材料で、前菜2種と主菜(主要料理)8種と湯菜1種を準備すればよい。


HOME > 中華料理大全 > 宴席

HOME > 中華料理大全 > 宴席

中華料理大全 - 中華料理の宴席(宴会)

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.