中国文化と中国人 - 恋する中国

竹蓀醸髪菜(きぬがさ茸の水苔づめあんかけ)のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 野菜類 > 竹蓀醸髪菜

竹蓀醸髪菜(きぬがさ茸の水苔づめあんかけ)のレシピ



[Upload]

きぬがさ茸は担子菌類の中で最も高等なきのこで、きれいな姿から「きのこの女王」と讃えられる。髪菜(水苔)は「発財」(お金が貯まる)と同じ発音をすることから、中国ではおめでたい席に出されることの多い食材。

材料(6人分) anchor.png

  • きぬがさ茸…6本
  • 水苔…9グラム
  • レタス…1/2個
Page Top

きぬがさ茸、水苔の調味料 anchor.png

  • 砂糖…小さじ1/3
  • 塩…小さじ1/3
  • 胡椒…少々
  • うま味調味料…少々
  • スープ(上湯)…300ミリリットル
Page Top

餡の材料 anchor.png

  • 砂糖…小さじ1/5
  • 塩…小さじ1/2
  • 胡椒…少々
  • うま味調味料…少々
  • 酒…大さじ1
  • スープ(上湯)…200ミリリットル
  • 鶏油…小さじ1
  • 水溶き片栗粉…大さじ1
Page Top

竹蓀醸髪菜の作り方 anchor.png

  1. きぬがさ茸はお湯で戻し、軽くもみ洗いする。
  2. 水苔は水につけて戻す。
  3. きぬがさ茸と水苔を別々の器に入れ、味をつけたスープにつける。
  4. きぬがさ茸と水苔を強火で約10分ほど蒸す。
  5. きぬがさ茸の茎をカットし、中に水苔を詰める。
  6. 5をもう一度蒸す。
  7. レタスを炒めて、皿の周りに並べ、6を盛る。
  8. スープに調味料で味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつけてかける。
Page Top

ポイント anchor.png

  • きぬがさ茸は天然ものと栽培ものがあり、軸が太く厚く白く、戻してもくずれないものがよい。
  • きぬがさ茸の色が白くならないときは、片栗粉を少し加えて洗うと白くなる。
  • きぬがさ茸は薬品を使って加工してあるので、水をよくかえて戻す。
  • きぬがさ茸には味がなく、塩味だけという淡白な調理法なので、コクのあるスープを使って味をつける。
  • レタスの芯の近くは火を通して時間がたつと黒くなるので取り除いておく。

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 野菜類 > 竹蓀醸髪菜

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 野菜類 > 竹蓀醸髪菜

中華料理大全 - 竹蓀醸髪菜(きぬがさ茸の水苔づめあんかけ)のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.