中国文化と中国人 - 恋する中国

脆鱔(たうなぎのカリカリ揚げ)のレシピ - 中華料理大全


脆鱔(たうなぎのカリカリ揚げ)のレシピ



脆鱔(たうなぎのカリカリ揚げ), 349.jpg

脆鱔は、カリカリに揚げたたうなぎに、甘辛い汁をかけた珍品。
噛むほどに香ばしく、酒の肴にもぴったり。

材料 anchor.png

  • 鱔魚(たうなぎ)の背肉…700~800g
  • 塩…少々
  • 酒…少々
Page Top

タレの調味料 anchor.png

  • 紹興酒…大さじ2
  • たまり醤油…大さじ2
  • 砂糖…大さじ5
  • 五香粉…少々
  • ネギ…1/2本
Page Top

仕上げ用 anchor.png

  • 胡椒…少々
  • 生姜の千切り…1個分
Page Top

脆鱔の作り方 anchor.png

  1. 下準備として、たうなぎの背肉を用意する。生きているたうなぎ約2kgを大鍋に入れ、竹ざるでしっかり押さえてゆでる。バタバタしなくなったら、塩を加えてさらに強火で煮立て、口を開けたら水につけてさまし、まな板の上に置く。
  2. 左手で頭をしっかり押さえ、包丁で背骨にそって割く。腹肉は用いない。
  3. 背肉をきれいに洗い、沸騰した湯の中で2~3分ゆでたら、ざるにあげる。水気をよくきってから酒少々をふりかけ、ひろげてさます。
  4. たっぷりの油を強火で熱し、煙がたってきたらたうなぎを徐々に入れ、5分揚げてすくいあげる。箸でたうなぎをひろげておく。
  5. 再び油が熱くなり、煙があがってきたら、もう1度たうなぎを揚げる。クルリと巻きあがり、パリッとしてきたら、すくいあげる。
  6. 別の鍋に油少々を熱し、紹興酒、たまり醤油、砂糖、五香粉を次々に加えながら熱して濃いタレをつくり、たうなぎを入れ、タレをからめながらネギのみじん切りも加えて数回あおり返す。
  7. よくタレがからまったら胡椒をふり、皿に盛って生姜の千切りを上に散らす。



中華料理大全 - 脆鱔(たうなぎのカリカリ揚げ)のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.