中国文化と中国人 - 恋する中国

海鮮炒米粉(海鮮ビーフン炒め)のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 海鮮炒米粉

海鮮炒米粉(海鮮ビーフン炒め)のレシピ



海鮮炒米粉(海鮮ビーフン炒め), 233.jpg

魚介類と野菜がたっぷり入ったビーフンのレシピです。

材料(4人分) anchor.png

  • 米粉(ビーフン)…400g
  • ホタテ貝柱…小2個
  • エビ…4尾
  • イカ…20g
  • 玉ねぎ(薄切り)…1/2個
  • キャベツ(短冊切り)…小1/4
  • にんじん(千切り)…5cm
  • ピーマン(千切り)…1/2個
  • 塩…適量
  • コショウ…適量
  • ゴマ油…適量
  • ネギ油…適量
Page Top

A anchor.png

  • ニンニク(みじん切り)…1かけ
  • 干しエビ(戻したもの)…適量
Page Top

B anchor.png

  • 紹興酒…大さじ1
  • スープ…200ml
  • オイスターソース…小さじ1
  • 塩…少々
  • コショウ…少々
Page Top

海鮮炒米粉(海鮮ビーフン炒め)の作り方 anchor.png

  1. ビーフンは熱湯で戻しておく。
  2. ホタテ、エビ、イカは食べやすい大きさに切り、さっと油通しをするか、湯通しする。にんじんもさっとゆでておく。
  3. 中華鍋を熱し、ネギ油をなじませ、Aをかるく炒める。香りが立ったら、玉ねぎ、キャベツ、にんじん、ピーマンを加え、炒め合わせる。
  4. 3に油が回ったら、Bとビーフンを加え、落としぶたをして3~4分煮る。
  5. スープがほとんどなくなったら味をみて、魚介類を加え、足りなければ塩、コショウで味をととのえる。
  6. 菜箸で混ぜて水分を飛ばし、ゴマ油、ネギ油各少々を鍋肌から回し入れる。
Page Top

調理のポイント anchor.png

  • 落としぶたをすることによって、ビーフンがスープをよく吸う。
  • 魚介類は最後に加えて仕上げると、かたくならない。
Page Top

参考 anchor.png

ビーフン(米粉、閩南語 bi-hun)は、米を原料とする麺、すなわちライスヌードルの一種で、素麺のように細いものを指す。東アジアの華中以南では小麦より米の方が多く栽培されているため、小麦粉の麺よりビーフンの方が一般的で種類も多い。通常、ビーフンは乾燥させた状態で流通、販売されるが、ビーフンの産地では乾燥前のビーフンの販売もある。 日本で焼きビーフンや汁ビーフンとして流通するほか、台湾(台湾語:ビーフン bi-hun)や中国南部(中国語:ミーフェン、拼音: mǐfěn)、ベトナム(ベトナム語 bún)、マレーシア(マレー語 bihun)、シンガポール、フィリピン(タガログ語 pansit)、ミャンマーなどで盛んに食用とされる。

中国福建省や台湾では、ビーフンをスープに入れて食べることも多いが、エビや野菜を加えて炒めた焼きビーフン(炒米粉)が有名である。特に台湾においては通常のビーフンと短く切れたビーフンの2種類のビーフンを常食としている。

シンガポールの名物料理のひとつとして「星洲炒米粉」(シンガポール焼きビーフン)があるが、これは福建省の焼きビーフンをカレー味に変えたビーフンである。

ミャンマーでも、焼きビーフンやスープビーフンは一般的な調理法だが、最も多く使われるのがサラダにする調理法。ミャンマー風ビーフンサラダ(現地名 チャーザントッ)はもどしたビーフンと千切りキャベツ、玉葱、馬鈴薯などを和え、タマリンド、魚醤などで味付ける料理。家庭で作られることはもちろん、街中の屋台などでも売られ、庶民のファーストフードとしても人気がある。

日本では福建省や台湾同様に野菜や肉類などの具材といっしょに炒めた焼きビーフンや、具材とともにスープにいれた汁ビーフンとして食べる。


HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 海鮮炒米粉

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 海鮮炒米粉

中華料理大全 - 海鮮炒米粉(海鮮ビーフン炒め)のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.