中国文化と中国人 - 恋する中国

猫耳朶(ネコの耳たぶ)&木須炒麺のレシピ - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 猫耳朶

猫耳朶(ネコの耳たぶ)&木須炒麺のレシピ



猫耳朶(ネコの耳たぶ), 346.jpg

猫耳朶は、山西省の代表的な麺で、生地をさいのめに切り、小さくクルリと巻いてマカロニのようにしたもの。その形から「猫耳朶」(ネコの耳たぶ)と呼ばれるこの麺は、技術の必要な切麺や拉麺に比べ、子供でも楽しく作れる。スープに入れて食べてもよいが、猫耳朶の形を見せるように、卵と炒めて合わせると(木須炒麺)、見た目もきれいで美味しい。

Page Top

猫耳朶の作り方 anchor.png

  1. 小麦粉に水を加えてよくこねる。冬はぬるま湯、他の季節は水がよい。表面につやが出て、きめ細かくなるまでこねる。
  2. 麺棒で厚さ1cmにのばす。さらに幅1cmのさいのめ切りにする。
  3. これを両手の親指で四角の対角線の方向にクルリと押しのばし、猫の耳のようにする。親指の腹で板に押し付けてこするとよい。
  4. 熱湯に入れ、火が通ったらすくいあげる。
Page Top

調理のポイント anchor.png

指でつぶす時に、ただ垂直に押すのではなく、指を横に滑らせ生地を転がすようにして押すことで、猫の耳のように丸まった独特の形状に仕上がる。

Page Top

木須炒麺の材料 anchor.png

  • 猫耳朶…2カップ強
  • 鶏肉…50g
  • 海参(ナマコ)…1/2個
  • えび…大1尾分
  • たけのこ…40g
  • 卵…2個
  • 塩…少々
  • 胡椒…少々
  • 醤油…少々
Page Top

木須炒麺の作り方 anchor.png

  1. 具はさいのめ切りにする。
  2. 猫耳朶を炒め、塩をふって皿にとる。
  3. 1の材料を軽く油で炒め、塩、胡椒、醤油で味をつける。
  4. 鍋に油を入れて熱し、溶き卵を流しいれ、強火でかきまわして炒り卵にする。
  5. 2と3を入れ、全体をさっと炒めまぜる。
Page Top

参考 anchor.png

  • 木須とは、卵を使った料理という意味。
  • 具は好みで変えてもよい。ナマコをはぶけば、調理時間も短くなり、簡単レシピになる。
  • 具にウインナーなどを入れ、味付けをケチャップにすると、洋風になって子供もよろこぶ。市販のパスタソースを使えば、さらに簡単レシピになり、中華の猫耳朶が、イタリアンパスタに変身する。その他、サラダやグラタン、水とんなどにも応用できる。猫耳朶は応用の仕方で、中華も和食もイタリアンも簡単に作れる。
  • 猫耳朶の発祥の地は、山西省をはじめとした中国の北方地区(晋語圏)である。もともとはこれらの地域では圪坨儿の名で呼ばれていたが、近年では猫耳朶(簡体字:猫耳朵)と呼ぶようになった。浙江省杭州の浙江料理でも同じような麺が用いられる。

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 猫耳朶

HOME > 中華料理大全 > レシピ > 麺類 > 猫耳朶

中華料理大全 - 猫耳朶(ネコの耳たぶ)&木須炒麺のレシピ

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2020 Area Zero All Rights Reserved.