中国文化と中国人 - 恋する中国

陰陽・五行説 - 中華料理大全

HOME > 中華料理大全 > 基礎知識 > 陰陽・五行説

陰陽・五行説



陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)とは、中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想のこと。陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、より複雑な事象の説明がなされるようになった。

陰陽説 anchor.png

陰陽説とは、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つに分類する範疇。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる。

これは人間の周囲にある事象を昼と夜、熱と寒、明と暗、男と女、上と下、日と月…と表すように、互いに相反し相補う関係にあるものが我々を取り巻いていて、これを均衡のとれた状態にすることによって健康を保つという考え方である。それは当然食生活にも生かされている。

陰陽互根
陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つ考え方。
陰陽制約
提携律とも言い、陰陽が互いにバランスをとるよう作用する。陰虚すれば陽虚し、陽虚すれば陰虚する。陰実すれば陽実し、陽実すれば陰実する。
陰陽消長
拮抗律とも言い、リズム変化である。陰陽の量的な変化である。陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実する。陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する。
陰陽転化
循環律とも言い、陰陽の質的な変化である。陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる。
陰陽可分
交錯律とも言い、陰陽それぞれの中に様々な段階の陰陽がある。陰中の陽、陰中の陰、陽中の陰、陽中の陽。
Page Top

五行説 anchor.png

五行説は、中国の戦国時代に鄒衍・鄒せきが説いた学説で、天と地の間には万物のもとになる五つの元素が木・火・土・金・水として、森羅万象がこの五つの物質の相互変化によって変動していくと考える。
この陰陽・五行説は中華料理にはもちろんのこと、日本料理にも影響を与えている。

Five_elements.png
木(木行)
木の花や葉が幹の上を覆っている立木が元となっていて、樹木の成長・発育する様子を表す。「春」の象徴。
火(火行)
光り煇く炎が元となっていて、火のような灼熱の性質を表す。「夏」の象徴。
土(土行)
植物の芽が地中から発芽する様子が元となっていて、万物を育成・保護する性質を表す。「季節の変わり目」の象徴。
金(金行)
土中に光り煇く鉱物・金属が元となっていて、金属のように冷徹・堅固・確実な性質を表す。収獲の季節「秋」の象徴。
水(水行)
泉から涌き出て流れる水が元となっていて、これを命の泉と考え、胎内と霊性を兼ね備える性質を表す。「冬」の象徴。

五行説と陰陽説が統合されて陰陽五行説が成立した段階で、五行が混沌から太極を経て生み出されたという考え方が成立して、五行の生成とその順序が確立した。

太極が陰陽に分離し、陰の中で特に冷たい部分が北に移動して水行を生じ、
次いで陽の中で特に熱い部分が南へ移動して火行を生じた。
さらに残った陽気は東に移動し風となって散って木行を生じ、
残った陰気が西に移動して金行を生じた。
そして四方の各行から余った気が中央に集まって土行が生じた。
というのが五行の生成順序である。

Page Top

五行の関係 anchor.png

五行の互いの関係には、「相生」「相剋」「比和」「相乗」「相侮」という性質が付与されている。

Page Top

相生 anchor.png

順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。

木生火
木は燃えて火を生む。
火生土
物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る。
土生金
鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることによってその金属を得ることができる。
金生水
金属の表面には凝結により水が生じる。
水生木
木は水によって養われ、水がなければ木は枯れてしまう。
Page Top

相剋 anchor.png

相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係。

木剋土
木は根を地中に張って土を締め付け、養分を吸い取って土地を痩せさせる。
土剋水
土は水を濁す。また、土は水を吸い取り、常にあふれようとする水を堤防や土塁等でせき止める。
水剋火
水は火を消し止める。
火剋金
火は金属を熔かす。
金剋木
金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す。

元々は「相勝」だったが、「相生」と音が重なってしまうため、「相克」⇒「相剋」となった。「克」には戦って勝つという意味がある。「剋」は「克」にある戦いの意味を強調するために刃物である「刂」を「克」に付加した文字である。同様に克に武器を意味する「寸」を加えた尅を使うこともある。

Page Top

比和 anchor.png

同じ気が重なると、その気は盛んになる。その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。

Page Top

相侮 anchor.png

侮とは侮る、相剋の反対で、反剋する関係にある。

木侮金
木が強すぎると、金の克制を受け付けず、逆に木が金を侮る
金侮火
金が強すぎると、火の克制を受け付けず、逆に金が火を侮る
火侮水
火が強すぎると、水の克制を受け付けず、逆に火が水を侮る
水侮土
水が強すぎると、土の克制を受け付けず、逆に水が土を侮る
土侮木
土が強すぎると、木の克制を受け付けず、逆に土が木を侮る
火虚金侮
火自身が弱いため、金を克制することができず、逆に金が火を侮る
水虚火侮
水自身が弱いため、火を克制することができず、逆に火が水を侮る
土虚水侮
土自身が弱いため、水を克制することができず、逆に水が土を侮る
木虚土侮
木自身が弱いため、土を克制することができず、逆に土が木を侮る
金虚木侮
金自身が弱いため、木を克制することができず、逆に木が金を侮る
Page Top

相乗 anchor.png

乗とは陵辱する、相剋が度を過ぎて過剰になったもの。

木乗土
木が強すぎて、土を克し過ぎ、土の形成が不足する。
土乗水
土が強すぎて、水を克し過ぎ、水を過剰に吸収する。
水乗火
水が強すぎて、火を克し過ぎ、火を完全に消火する。
火乗金
火が強すぎて、金を克し過ぎ、金を完全に熔解する。
金乗木
金が強すぎて、木を克し過ぎ、木を完全に切り倒す。
土虚木乗
土自身が弱いため、木剋土の力が相対的に強まって、土がさらに弱められること。
水虚土乗
水自身が弱いため、土剋水の力が相対的に強まって、水がさらに弱められること。
火虚水乗
火自身が弱いため、水剋火の力が相対的に強まって、火がさらに弱められること。
金虚火乗
金自身が弱いため、火剋金の力が相対的に強まって、金がさらに弱められること。
木虚金乗
木自身が弱いため、金剋木の力が相対的に強まって、木がさらに弱められること。
Page Top

相剋と相生 anchor.png

相剋の中にも相生があると言える。例えば、土は木の根が張ることでその流出を防ぐことができる。水は土に流れを抑えられることで、谷や川の形を保つことができる。金は火に熔かされることで、刀や鋸などの金属製品となり、木は刃物によって切られることで様々な木工製品に加工される。火は水によって消されることで、一切を燃やし尽くさずにすむ。
逆に、相生の中にも相剋がある。木が燃え続ければ火はやがて衰え、水が溢れ続ければ木は腐ってしまい、金に水が凝結しすぎると金が錆び、土から鉱石を採りすぎると土がその分減り、物が燃えた時に出る灰が溜まり過ぎると土の処理能力が追いつかなくなる。

森羅万象の象徴である五気の間には、相生・相剋の2つの面があって初めて穏当な循環が得られ、五行の循環によって宇宙の永遠性が保証される。

Page Top

陰陽・五行説と中華料理 anchor.png

【五行配当表】

五行
五臓心(心包)
五腑小腸(三焦)大腸膀胱
五官
五舎
五時土用
五方西
五志喜・笑思・慮(考)悲・憂恐・驚
五情
五井
五変
五色青(緑)玄(黒)
五臭
五味
五味の走る所営・智
五声
五液
五気
五音
五楽竿
五畜
五穀
五果
五菜藿(カク:豆の葉)
五脈
五輪
五位
五常
五節句人日上巳端午七夕重陽
五星歳星(木星)螢惑(火星)填星(土星)太白(金星)辰星(水星)
五指薬指中指人差指親指小指
五塵色(視覚)触(触覚)味(味覚)香(嗅覚)声(聴覚)
五禁
五主筋・爪血脈肌肉・唇皮毛骨髄・髪
五事
五虫鱗(魚と爬虫類)羽(鳥)裸(ヒト)毛(獣)介(カメ、甲殻類と貝類)
五獣青竜朱雀黄麟や黄竜白虎玄武
五竜青竜赤竜黄竜白竜黒竜
五麟聳孤(しょうこ)炎駒(えんく)麒麟(きりん)索冥(さくめい)角端(かくたん)
五悪熱・暑湿燥・寒寒・燥
五金錫(青金)銅(赤金)金(黄金)銀(白金)鉄(黒金)
十干甲・乙丙・丁戊・己庚・辛壬・癸
十二支寅・卯巳・午辰・未・戌・丑申・酉亥・子
月(旧暦)1~3月4~6月(割当なし)7~9月10~12月

五行の五味には、木・火・土・金・水の順に、酸・苦・甘・辛・鹹と分類されている。

たとえば、四川料理に「酸辣湯」という辛くて酸っぱい有名なとろみスープ料理がある。辛いものは発汗作用や健胃作用があるが、同時に多く摂取すると「金」の行に属する「辛」が、相剋関係の「木」に属する五臓・五腑の肝や胆を傷めるとされる。しかし同じ「木」に属する「酸」を多く摂りいれることで相補い、守ることで調和させている料理である。

薬膳料理は陰陽・五行説に基づいている。
中国の薬膳料理店では漢方医が客を診察し、その処方箋に基づいた料理を提供する。それ程に本格的でなくても、中国人の「食」に対する意識の根底には「医食同源」の思想があり、これは食べることこそ薬であるという考え方である。
中国では古くから動物の内臓などの部位を食べると、自分のその部分を補うことができると考えられている。また、植物には人間の身体を温める作用と寒する作用の陰陽があり、高級中国料理の食材である「フカヒレ」や「つばめの巣」は「陰」で微熱を消す作用があり、美肌効果もある。一方、「アワビ」と「なまこ」は「陽」で、身体を温め滋養となる。


HOME > 中華料理大全 > 基礎知識 > 陰陽・五行説

HOME > 中華料理大全 > 基礎知識 > 陰陽・五行説

中華料理大全 - 陰陽・五行説

サイト内検索
LINKS
Copyright © 2001 - 2017 Area Zero All Rights Reserved.